スポットライト

データ・リソースの最新化

DevOpsの自動化からクラウドでのデータの統合まで、業務改善のためのIT変革が常に登場しています。しかし、こうした機会の大半は、企業がそれらを実現するためにITリソースを最新化しなければ、手が届かないものです。最新化は、新しいユース・ケースを受け入れるための鍵を握るだけでなく、データ保護、障害復旧、レポート作成、ビジネス・アナリティクス、アプリケーションのテストと開発、DevOpsといった確立されたプロセスの効率を高める上での基礎となります。

既存のインフラストラクチャーの活用

最新化に不可欠なツールの1つは、ITの転換のために緊急に必要となるデータへのアクセスを可能にするコピー・データ管理です。IBM Spectrum Copy Data Managementは、新しい重要なユース・ケースに対応し、幅広いベンダーが提供するストレージ・アレイと併用され、インプレース・コピー・データ管理を提供して既存のITインフラストラクチャー内のプロセスを最新化することで実現されます。

コピー管理の自動化

自動化ツールにより、既存のストレージ・インフラストラクチャー上のコピー・データのスナップショット、ボールト、クローン、レプリカを作成して使用します。

ITの最新化

ハードウェアを追加することなく、アプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)に基づく自動化、ユーザー・セルフサービス、運用を提供します。

データ・リソースの制御

ボリューム、スナップショット、仮想マシン、データ・ストア、ファイルをカタログ化して追跡します。

DBMSプラットフォーム間でデータを共有

すべての一般的なデータベース管理システムのコピーをシンプルかつ簡単に作成して共有します。

セルフサービスの提供

内部顧客が必要なときに必要なリソースを要求するためのセルフサービス・アクセスが可能です。

おすすめ関連製品

IBM Spectrum Storage Suite

ストレージ・インフラストラクチャーのマイグレーションを簡素化して、コグニティブ・ビジネスをサポート

詳細を表示

IBM Spectrum Virtualize

クラウドの展開に不可欠なソフトウェアで柔軟性を向上します。

詳細を表示

IBM Spectrum Archive

長期的な階層型ストレージの経済性を向上させ、コストを削減

詳細を表示

購入・お問い合わせ