IBM Spectrum Controlの主要な機能

ストレージの監視

アプリケーション、部門、サーバー、サイトなどの観点からストレージ環境を確認できます。 単一制御点を使用して、フラッシュ・ストレージ、SAN、Software Defined Storage、ファイル・ストレージ、オブジェクト・ストレージ、サーバー・ストレージなど、あらゆるタイプのストレージを監視します。 また、ストレージ・システム、ポート、スイッチ、SANファブリック、その他のデバイスを監視します。 スケジュールどおりに、カスタム・レポートを自動的に作成して送付します。

ストレージの自動化

複数の管理インターフェースとAPIのサポートにより、ストレージのプロビジョニングを自動化および簡素化します。 イベント処理を使用して、一般的なアラートへの自動応答を可能にし、根本的原因の分析を高速化します。

先進の分析機能

階層型ストレージを最適化することで、正しい分析に基づいて適切なストレージ層にデータを保持します。 また、ストレージ層内のロード・バランシングを提供し、将来の容量の傾向の予測に役立つ容量計画をサポートします。

柔軟な実装

オンプレミス・ソフトウェアまたはクラウド・サービスとして提供されています。 クラウドのオプションでは、シンプルなサブスクリプション・プランで、安全なIBMクラウドからの監視と分析が可能です。 オンプレミスのソリューションとしては、容量またはエンクロージャー単位のライセンス・オプションで利用できる、Standard EditionとAdvanced Editionが用意されています。 Advanced Editionには、基本の機能に加え、階層型ストレージ分析、セルフサービス・プロビジョニング、チャージバック、スナップショット管理が含まれています。

技術的詳細

ソフトウェア要件

Spectrum Controlのハードウェアとソフトウェアの相互運用性については、次のIBMサポート・ポータルに掲載されているマトリックスをご覧ください。

    ハードウェア要件

    Spectrum Controlのハードウェアとソフトウェアの相互運用性については、次のIBMサポート・ポータルに掲載されているマトリックスをご覧ください。

      技術仕様

      Spectrum Controlでは、ほとんどのストレージ・システムがサポートされています。 サポートされているストレージ・システム環境について詳細は、次のIBMサポート・ページをご覧ください。

        技術仕様の詳細