統合されたアプローチによって優れた運用を実現

IBM Service Management Suite for z/OSは、多くのシステム要素のシステム管理機能に対する単一の制御ポイントを提供します。この製品群は、IBMシスプレックスのハードウェアとソフトウェアの両方の企業リソースに及びます。IBM z SystemsとIBM Parallel Sysplexクラスターの可用性を最大限に高めて、重要なIT運用目標を最適化することで、優れた運用を実現できます。IBM Service Management Suite for z/OSには、IBM System Automation for z/OS、IBM OMEGAMON Performance Management Suite for z/OS、IBM Tivoli® NetView for z/OS、IBM Service Management Unite、IBM Tivoli Asset Discovery for z/OSが含まれています。

生産性の向上

包括的な性能管理機能を活用して、z Systemsの生産性を高めます。単一のコンソールからネットワーク全体を管理します。

管理の簡素化

IBM Service Management Uniteにより、さまざまなソースの性能と自動化のデータを1つのインターフェースにまとめます。

コストの削減

z/OSソフトウェアの管理情報を素早く識別し、コストを削減して準拠のリスクを最小限に抑えます。ソフトウェア・ライセンスを統合して、監視、自動化、資産検出の業務を統合します。

リスクの最小化

z System環境と依存関係を完全に把握して、ハイブリッド・クラウドの実装の複雑さに対処します。

俊敏性の向上

アクティブ・ダッシュボード・インターフェースでの情報の監視と自動化によって、ビジネス・ニーズへの対応を迅速化し、専門家は素早く、初心者は簡単に問題を診断して解決できます。

ネットワークの最適化

拡張されたネットワークの監視機能により、ネットワーク性能の低速の接続と長い遅延をリアルタイムと短期の履歴で確認できます。

主要な機能

  • ポリシーに基づく自動化による性能の最適化
  • 強力な統合ツール・セットによる効率の最大化
  • 包括的なツールと機能の製品群
  • 単一インターフェースからの操作
  • 準拠のリスクを最小化