スポットライト

柔軟でほぼ汎用的な接続

IBM MQは、多様なアプリケーションと統合し、複数プラットフォームの構成をサポートします。業界標準のJMSメッセージング、拡張性の高いパブリッシュ・サブスクライブ(pub-sub)、アプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)が含まれています。統合されたマネージド・ファイル転送や、単一のメッセージング層を介したモバイル・デバイスへの接続のオプションを提供しています。IBM Integration Busにより、インテリジェントなルーティングと情報フローのモデル化をIBM MQのメッセージング・バックボーンに追加できます。

安全なメッセージ配信

IBM MQは、先進のサービスの品質によって情報の配信を保証します。いつでも、どこからでもリアルタイム情報にアクセスして利用できます。ネットワークに障害が起きた場合でも、メッセージの損失、重複や複雑な復旧をせずに信頼性の高い配信を提供します。MQ Advanced、MQ Appliance、一部のMQ on z/OSのオファリングには追加の暗号化が組み込まれています。

動的な拡張

IBM MQは、変化に素早く対応できる、拡張性と柔軟性が極めて優れたソリューションです。アプリケーションのコードを変更する必要性を軽減します。MQは、新しいモバイルやクラウドの実装の変化するワークロードと要件に対応します。完全に自動化されたフェイルオーバーと極めて高い可用性を提供します。クラスタリングは、動的に分散されたメッセージング・ワークロードを提供します。さらに、MQは高スループットと低遅延を実現し、マルチキャストのサポートを組み込んでいます。

管理および制御の簡素化

分散環境でのIBM MQ機能の全セットの導入は、単一のインストール・プロセスで処理されます。単一のダッシュボード・ビューでは、洞察を得るためにメッセージとファイルの可視性と追跡機能を使用できます。このソフトウェアは、データの移動とトランザクションの完了に関する監査を迅速に実施します。開発用のフル・コード・アクセスを備えた、機能が豊富なアプリケーション開発インターフェースを使用することで、アプリケーションの統合タスクが簡素化します。

統合されたメッセージ・ソリューション

IBM MQは、複数のソリューションの管理の伴うコストと労力を軽減します。アプリケーションの設計および保守を簡素化して、統合のコストと時間を削減します。豊富な接続機能のセットにより、アプリケーションを接続するコストも削減します。さらに、シンプルなAPIオプションの選択肢により、複雑な通信コードを記述する必要がなくなり、さらに時間とコストを節約できます。

お客様導入事例

技術的詳細

ソフトウェア要件

ソフトウェア要件の詳細については以下をご覧ください。

    ハードウェア要件

    ハードウェア要件の詳細については以下をご覧ください。