エッジ・ベースのファイル転送の統合と管理

File Gatewayは、企業が保有するすべてのインターネット・ベースのファイル転送を、単一の拡張性が高く安全で常時接続が可能なエッジ・ベースのゲートウェイに統合することを可能にします。このオファリングには、送受信する大量のファイルをインテリジェントに監視、管理、転送、および変換する機能が備わっています。File Gatewayを導入することで、企業はファイル転送の管理コストの削減、収益までの時間の短縮、および取引先の満足度の向上を実現できます。

新しく更新されたバージョン6.0では、コンテナーによるハイブリッド・クラウドの導入、RESTful APIとの円滑な統合、およびGlobal Mailboxを使用した高可用性を実現する機能が導入されています。

運用コストの削減

エッジ・ベースのゲートウェイの運用にかかるコストを削減し、収益アップまでの時間を短縮して、取引先の満足度を向上させます。

インストールとパッチの時間の削減

必要なコンポーネントがすべて揃ったクラウド基盤の仮想コンテナーを使用してソリューションを導入するため、インストールやパッチに要する時間を、数時間規模から数分規模にまで大幅に短縮します。

高可用性のB2B業務

通信を行うお客様の高可用性と拡張容易性を確保します。

主要な機能

  • エッジ・ベースのファイル・ゲートウェイの運用コストの削減
  • クラウド・ベースのコンテナー
  • B2Bコミュニティーにおける関係を集中管理
  • 高可用性の業務

購入・お問い合わせ

詳細を表示