スポットライト

ストレージ機能の向上

IBM SANボリューム・コントローラー(SVC)は、IBM Spectrum Virtualizeテクノロジーを組み込み、アプリケーションを物理ストレージから分離しています。これにより、ストレージ・インフラストラクチャーが変更されるときでも、アプリケーションは中断なく稼働することができます。また、新規と既存のストレージをさらに有効に活用できます。SVCは、従来はストレージ・システムで別々に導入されていた企業レベルの機能を数多く組み込んでおり、柔軟性の向上とコスト削減を実現します。

ハイブリッド・クラウドの向上

ハイブリッド・クラウド・テクノロジーを活用しようとしている組織の課題は、どのようにしたら現行ストレージをクラウド対応ストレージ・システムに置き換える経費をかけずに実装できるかということです。SVCのIBM Spectrum Virtualizeやホストされているプライベート・クラウドまたはパブリック・クラウドのIBM Spectrum Virtualizeであれば、クラウドへのデータの移行や、障害復旧のためのクラウド・ストレージの使用が、400を超えるサポート対象ストレージ・システムのいずれでも可能となります。ハイブリッド・クラウド構成を展開する際の俊敏性を大幅に高めながら、潜在的なコストを削減します。

リアルタイムのデータ圧縮

圧縮に対する他のアプローチとは異なり、IBM Real-time Compressionは、実働データベースやメール・システムなどのアクティブなプライマリー・データで使用できます。圧縮からメリットを得られる候補のデータの範囲が大きく広がります。ハードウェア・アクセラレーションによるReal-time Compressionは、データ・ストレージの経済性を転換します。新規または既存のストレージに適用されると、アプリケーションの性能を維持しながら、使用可能容量を大幅に増加します。

卓越したストレージの効率性

SVCのIBM Spectrum Virtualizeソフトウェアは、高性能なThin Provisioning、自動階層化、データ仮想化、Real-time Compression、クラスター化、複製、マルチプロトコル・サポート、次世代グラフィカル・ユーザー・インターフェース(GUI)などの多様なIBMテクノロジーを結合しています。また、Bridgeworks WANrockITネットワークの最適化などの優れたサード・パーティー・テクノロジーも組み込んでいます。 これらのテクノロジーは連動して、卓越したレベルのストレージの効率性を実現します。

アプリケーションの可用性の向上

大規模企業では、アプリケーションのダウンタイムの発生は許されませんが、データの移動は計画的ダウンタイムの最も一般的な原因です。SVCのIBM Spectrum Virtualizeによるデータの仮想化は、データへのアクセスを維持しながら、ストレージ・システム間やアレイ間でデータを移動できるようにします。この機能は、ストレージの交換時、ロード・バランシング作業の一環として、あるいは階層型ストレージ・インフラストラクチャーでディスク・ドライブからフラッシュにデータを移動するときなどに使用できます。

コグニティブ・サポート

IBMは2017年に、クラウド・ベースのストレージ管理プラットフォームであるIBM Spectrum Control Storage Insightsにコグニティブ・サポート・サービスを行う限定利用プログラムを提供します。新機能は収集される診断データの量を劇的に拡大し、最新のAIテクノロジーを使用してストレージの正常性、パフォーマンス、キャパシティーへの洞察を高めるよう設計されています。お客様が問題を迅速に解決し、ユーザー体験を向上し、高可用性を活用できるように設計されています。

階層型ストレージ

階層型ストレージの導入は、ストレージ・コストを制御するための重要な戦略です。しかし、これまでは、同じベンダーが提供するものであっても異なるタイプのストレージで管理と機能に相違があることで、階層型ストレージの実装は運用上複雑になっており、導入が困難になっていました。Easy Tierによる自動ストレージ階層化は、フラッシュ・ストレージや複数層のディスク・ドライブを有効利用できるようにすることで、コストを抑えながらパフォーマンスを向上させる上で貢献します。

柔軟な複製

多くのストレージ・システムでは、複製操作は、ボックス内やボックス間のような状況に限られています。ベンダーが異なると、それぞれの機能の動作が異なるため、混合環境における運用が複雑化して、ストレージのタイプの変更にかかるコストが高くなります。しかし、SVCのIBM Spectrum Virtualizeソフトウェアでは、使用するストレージのタイプに関係なく、高度なネットワーク・ベースの複製サービスの1つのセットを一貫した方法で使用できます。

マルチサイトの高可用性

IBM HyperSwap機能は、2つのデータセンターのストレージとサーバーをサポートします。この構成では、このソリューションにより、障害発生時に自動切り替えを使用して、両方のデータセンター内のサーバーが同時にデータにアクセスできます。VMware vMotionやPowerVM Live Partition Mobilityなどのサーバー・データ移動機能と結合すると、この機能を使用して、最大300 km離れた2つのデータセンター間でストレージと仮想マシンの無中断の移動性を実現できます。

拡張性とパフォーマンス

SVCは、極めて拡張性の高い統合型のモジュール式ソリューションです。SVC Data Engineは、2個の8コアIntel E5- 2667v4 3.2GHzプロセッサーと、64GB単位で増分できる64GBから256GBのシステム・メモリーを搭載しています。Intel QuickAssistテクノロジーをベースとする圧縮アクセラレーターを、1個または2個利用できます。柔軟なホスト・インターフェース・オプションは、4個の標準装備の10Gbpsイーサネット・ポート、最大16個の16Gbpsファイバー・チャネル・ポート、最大12個の16Gbpsファイバー・チャネル・ポート、追加の4個の10Gbpsイーサネット・ポートをサポートします。

管理の簡素化

IBM Spectrum Virtualizeソフトウェアは、一元管理のための使いやすいグラフィカル・インターフェースを備えています。この単一のインターフェースにより、管理者はベンダーが異なっていても複数のストレージ・システムに対する構成、管理、保守のタスクを一貫した方法で実施することができます。管理が大幅に簡素化され、ミスのリスクを軽減できます。Microsoft System Center Operations ManagerとVMware vCenterをサポートするためのプラグインにより、これらの環境の管理を統合できます。

サーバー仮想化を補完

SVCのIBM Spectrum Virtualizeは、PowerVM、Microsoft Hyper-V、VMware vSphere、Docker、Kubernetesなどのテクノロジーにより、サーバー仮想化を補完します。サーバー仮想化により、プロビジョニングはソフトウェア操作として行われ、ハードウェアの変更は不要になるため、新規サーバー・イメージのプロビジョニングを迅速化できます。同様に、SVCでのプロビジョニングはソフトウェアおよびThin Provisioningで行われます。ほぼすべてが自動化された機能となるよう設計されています。

お客様導入事例

  • University of Pittsburghがデータ・アクセスを高速化

おすすめ関連製品

IBM Spectrum Storage Suite

ストレージ・インフラストラクチャーの移行を簡素化して、ビジネスをサポート

詳細を表示

IBM Storage Insights

ストレージ・インフラストラクチャーとデータ配置を最適化します。

詳細を表示

IBM Storwize V7000F

仮想化オールフラッシュ・ストレージでワークロードを統合します。

詳細を表示

IBM Spectrum Virtualize

クラウドの展開に不可欠なソフトウェアで柔軟性を向上します。

詳細を表示