概要

IBM® Resource Access Control Facility(RACF)for z/OSは、リソース管理機能を使用してアクセス制御の意思決定を行うことで、メインフレーム・リソースの保護を可能にします。許可ユーザーのみにアクセス権限を付与して、データを安全に保護します。                                                           

ユーザーの特定と認証

パスワード、パスワード・フレーズ、デジタル証明書、Kerberosチケット、パスチケットのいずれかによってユーザーを認証します。

保護リソースへのアクセスの許可

データベース内のユーザー、リソース、アクセス権限に関する情報を保存します。お客様企業のセキュリティー・ポリシーに基づいて、このデータベースによってメインフレーム・システムの保護リソースへのアクセスを許可するかどうかが決定されます。

ロギングとレポート作成

リソースにアクセスしようとするユーザーを特定して、正常にアクセスできたかどうかにかかわらず、お客様企業が潜在的な機密漏れや脅威がなかったかどうかを検出できるようにするログ機能とレポート機能が装備されています。

主要な機能

  • ユーザーの特定と認証
  • 分散型のセキュリティー管理
  • 任意および必須のアクセス管理
  • システム管理機能(SMF)へのログイン
  • 監査および審査セキュリティー環境のサポート
  • RACF Remote Sharing Facility(RRSF)

購入・お問い合わせ