概要

オフィス生産性向上ツールやWikiは適切な要件管理ツールではありません。関係を作成して依存関係を追跡できることが必要です。ほぼリアルタイムで連携してバージョン管理と変更管理を処理できるように複数のチームを支援します。IBM Rational DOORSは、こうした効果的な要件管理機能などを提供して、IBMのお客様が開発コストを57%削減し、市場に出すまでの時間を20%短縮して、品質コストを69%削減することに貢献してきました。
placeholder image for video

規模に応じて企業をサポート

小規模チームから複雑なグローバル業務まで、プロジェクトの要件に応じて拡張します。データベースがどれだけ増大しても複数レベルのプロジェクトとフォルダーを提供してシンプルなナビゲーションを実現します。

市場に出すまでの時間を短縮

ニーズの効率的な優先順位付けと視覚化により、市場に出すまでの時間を最大20%短縮します。ドラッグ・アンド・ドロップ・リンクを使用して追跡可能性を高め、変化への対応を50%迅速化します。

生産性を向上

要件の追跡可能性によって手動のプロセスとスプレッドシートをなくします。構成可能なビューと文書共有機能によって文書を同時に処理できます。

コスト削減

特に効果的な要件管理機能を提供するよう設計されたツールにより、開発コストを最大57%、品質コストを最大69%削減します。

クラウド上のセキュリティーとプライバシー

  • IBMは、企業がIBMクラウド・オファリングを使用するにあたり、セキュリティー、プライバシー、リスクのレベルを損なわずに、変化するビジネス・ニーズに合わせて迅速に適応できるよう努めます。

    IBMクラウド・セキュリティーの詳細を見る