スポットライト

テストとコード・フリーのオーサリングでシンプルなテスト作成

RTWを使用したストーリー・ボード・テストは、自然言語テストのナラティブと視覚的な編集を組み合わせた機能テスト、回帰テストの作成を簡素化します。IBM ScriptAssureは、アプリケーション・インターフェースの変更に対するテスト・スクリプトの回復力を提供します。コード・フリーのテスト・オーサリングにより、プログラミング知識なしでテストを作成、変更、実行することができます。視覚的でフォーム・ベースのエディターとウィザードは、テスト・シーケンスの実装、データ駆動テスト、および期待される結果の検証を簡素化します。

スクリプト不要、ビジュアル・パフォーマンス・テスト、ワークロード・モデル

動的なサーバー・レスポンスの自動管理により、大規模なパフォーマンス・テスト・スイートの配信が促進されます。自動データ相関エンジンは、大規模なマルチ・ユーザー・ロードセットを開発し、維持するための負担を軽減します。データ相関エンジンは、ユーザーのデータ入力に依存するサーバー応答を認識し、後のサーバー要求で再利用できるように自動的に識別します。ユーザーは、ユニークな動的動作を持つカスタム・アプリケーションのルールを使用してデータ相関エンジンを拡張できます。

継続的な統合テスト

RTWを使用すると、既存のシステム動作を記録し、Business Process Execution Languageモデルを使用したり、ビジュアル・テスト・デザイナーでデータ交換をモデリングして、サービス・レベル・テストを開発できます。IBMのコラボレーティブ・ライフサイクル管理ソリューションと統合することにより、新しいアプリケーション・ビルドが利用可能になったときにテストを自動的にスケジュールして実行できます。利用不可能なサービスもスタブアウトすることができ、迅速かつ継続的な統合を実現し、アプリケーション配信のリスクを軽減します。

現実的なユーザー・シナリオで正確にワークロードをエミュレート

Rational Test Workbenchのグラフィカル・ワークロード・スケジューラーは、さまざまなユーザー・グループと負荷条件のモデリングを簡素化します。組み込みの同期点は、サーバー上のワークフローおよびシミュレートされたストレス・ポイントの制御を向上させます。ユーザーは、1回のテスト実行でパフォーマンス・メトリックを迅速かつ簡単に比較し、複数の負荷シナリオを分析することもできます。

標準とプロトコルの拡張性とサポート

Javaコードの挿入、カスタム・データ変換、ユーザー・インターフェース・プロキシー・ソフトウェア開発キット、ユーザー定義の相関ルールおよびアプリケーション・プログラミング・インターフェースを含むRational Test Workbenchの拡張機能により、レガシー・サービスまたはカスタム・サービスを適合させることができます。さらに、IBM、TIBCO、Software AG、SAP、Oracle、およびその他の統合環境を含む、レガシーおよびモダンなアーキテクチャをサポートしています。