Rational Test Workbenchとは?

IBM Rational Test Workbenchは、APIテスト、UIテスト、パフォーマンス・テスト、およびサービス仮想化のようなDevOpsアプローチをサポートするソフトウェア・テスト・ツールを提供します。DevOpsおよび継続的なデリバリーを実現するには、ソフトウェア・テスト・チームが回帰テストを自動化して、品質の低いソフトウェアを運用環境に導入するリスクを低減する必要があります。効果的なテストの自動化には、アプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)テスト、ユーザー・インターフェース・テスト、およびシステム全体のテストが含まれます。Rational Test Workbenchを使用すると、これらのテストをより早く自動化して実行することができます。

エラーが起こりやすい手動テストを削減

すべてのテスト・タイプ(従来の機能/回帰テスト、モバイルおよび統合の技術、パフォーマンスと拡張性)を自動化します。

チームのユーザー体験をシンプルに

完全統合されたオーサリング環境は、さまざまなドメイン間で一貫性のあるユーザー体験を提供します。

修理コストが安い時に障害を検出

テストを開始したり、仮想コンポーネントを作成したり、すぐにテストを開始するために、すべてのものが利用可能になるまで待つ必要はありません。

現在のツールで作業

さまざまなオープンソース、IBM以外のツールと統合して、Seleniumテストを含むテスト・シナリオを作成し、モバイル、Web、および従来のデスクトップ・アプリケーションに展開します。

品質の向上

包括的なテストの自動化とエンドツーエンドの品質管理を組み合わせ、テストの取り組みを改善するためにIBM Rational Quality Managerと統合します。

主要な機能

  • テストとコード・フリーのオーサリングでシンプルなテスト作成
  • スクリプト不要、ビジュアル・パフォーマンス・テスト、ワークロード・モデル
  • 継続的な統合テスト
  • 現実的なユーザー・シナリオで正確にワークロードをエミュレート
  • 標準とプロトコルの拡張性とサポート