スポットライト

移行とインポートの向上

IBM Rational Programming Patternsは、自動移行コマンドの新たなオプションによる移行およびインポート機能の強化、インポートされたライブラリーでのフィルター操作機能、zcompmapおよびuploadsandboxコマンドに対する変更を提供します。

設計エディターとUIの向上

Rational Programming Patternsでは、ユーザー・メニュー、コマンド入力、表示オプションで使用する設計エディター、PDP、UI、ウィザードの機能が強化され、使いやすさが向上しています。また、「データ・エレメント」表示と「生成済みコード構造」ビューも強化されています。マクロ構造の機能拡張には、「マクロ・コード構造」ビューの新しいメニューが含まれます。

検索と相互参照の追加

マクロ相互参照ビューの機能拡張を含む検索および相互参照機能が追加されました。

より直感的なマクロ構造とGeneration Manager

Generation Managerの機能拡張には、フィルター・テキスト入力フィールドと、すべての影響分析ビューでのCSVエクスポート機能が含まれ、パブリッシング機能が向上しています。さらに、e-Business 2.5 Patternも機能が拡張され、単一ビュー開発のためのサービス・マネージャーの生成を組み込み、新しいエディター、タブ、機能がWebクライアントに追加されています。

Rational Programming Patternsの新機能

その他関連情報

技術的詳細

ソフトウェア要件

Software Product Compatibility Reports(SPCR)ツールを使用して、最新のシステム要件レポートを動的に生成できます。下記のリンクをご利用ください。

    ハードウェア要件

    AIX、Linux、Windows、およびZ/OS環境と互換性があります。詳細なシステム要件については下記のリンクからご覧ください。

      おすすめ関連製品

      IBM Engineering Test Management

      IBM® Engineering Test Managementは、要件から障害に至る、エンドツーエンドのテスト計画とテスト資産管理を支援する品質管理ソリューションです。情報をシームレスに共有し、自動化を活用して、複雑なプロジェクト・スケジュールを迅速に進め、リアルタイムでメトリック・レポートを作成して、情報に基づいてリリースに関する意思決定を行えます。 IBM Engineering Test Managementは、シームレスに統合されたIBM Engineering Workflow Management、IBM Engineering Test Management、IBM Engineering Requirements Management DOORS Nextといった一連の統合ツールの一部として、IBM Engineering Lifecycle Managementソリューションでも使用できます。

      詳細を表示

      IBM Rational Developer for i

      IBM iでのアプリケーションの作成、保守、および最新化

      詳細を表示

      IBM Engineering Workflow Management

      IBM® Engineering Workflow Managementは、計画、タスク、およびプロジェクトのステータスを管理できるようにすることで、必要な作業と提供される作業の間の重要なリンクとして機能します。あらゆるプロセスに柔軟に適応できるため、企業はより迅速なリリース・サイクルを採用し、小規模な開発プロジェクトと複雑な開発プロジェクトの両方の依存関係を管理できるようになります。この製品はオンプレミスとクラウドで使用でき、無料のサーバー・ソフトウェアと柔軟な料金体系モデルを提供します。 IBM Engineering Workflow Managementは、シームレスに統合されたIBM Engineering Workflow Management、IBM Engineering Test Management、IBM Engineering Requirements Management DOORS Nextといった一連の統合ツールの一部として、IBM Engineering Lifecycle Managementソリューションでも使用できます。

      詳細を表示

      今すぐ試す