概要

IBM Rational Programming Patternsは、IBM Zのシステム・ソフトウェア提供プラットフォーム内で、Pacbaseアプリケーションの開発と保守を行うための統合環境です。このソリューションは、VisualAge PacbaseアプリケーションのPacbaseパターン駆動開発パラダイムを活用し、最新化します。Rational Programming Patternsの機能には、データ記述パターン、従来のアプリケーションのプログラミング・パターン、マクロ構造パターン、COBOLマクロ・パターンがあります。

開発の最新化

Pacbase MDDアプローチを活用して、IBM ZのシステムおよびJazzをベースとした、Pacbase成果物用のリポジトリー・サービスを対象に、データ、バッチ、トランザクション・アプリケーションおよびジェネレーターの新しいモデルを提供します。

連携の強化

連携した統合開発環境(IDE)を提供し、開発プロセスとツールをIBM ZのシステムとJavaで統合しながら、開発者が個々の生産性を維持できるようにします。

価値の拡張

COBOLソース・コードのタスクを最適化するために、COBOLソース・コード・エディターを使用して、Rational Developer for z Systems、zEnterprise、Power Systems Softwareの使用率を向上させます。

生産性の向上

PacbaseからRational Team Concert Repositoryに移行された開発成果物に対する影響分析と複数基準検索サービスが含まれます。

使いやすさ

VisualAge Pacbaseからプロジェクトまたはコンポーネントを抽出し、Rational Team Concertにインポートする手順を提供します。

将来性の考慮

新しいアプリケーションや技術アーキテクチャーをサポートするAPI一式を提供し、新しいジェネレーターの開発を容易にして、簡略化されたステップで少しずつ進めることで変革の複雑さを軽減します。

主要な機能

  • 移行とインポートの向上
  • 設計エディターとUIの向上
  • 検索と相互参照の追加
  • より直感的なマクロ構造とGeneration Manager

今すぐ試す