スポットライト

開発者の生産性の向上

統合開発ツールにより、作業プロセスを最適化します。リモート・システム・エクスプローラーがIBM iサーバーと接続して、サーバー・サイドのファイルの検索・管理と、サーバー・スクリプトの実行を行います。 言語認識型のソース編集機能には、色分け表示、アウトライン表示、コンテンツ・アシスト、コンパイル・エラーのフィードバックの統合などが含まれます。視覚的な分析ツールは、アプリケーションの構造と依存関係の理解を助けます。

ビジネスの俊敏性の向上

従来のRPGアプリケーションおよびCOBOLアプリケーションで作業する際、Eclipseベースの最新の開発環境を使用することで研修期間を短縮できます。Rational Developer for iは、Java、Java EE、C/C++、RPG、COBOL、CL、およびDDSなど、広範囲のプログラミング・モデルとプログラミング言語をサポートします。System z、AIX、Linux用の他のRational IDE間で共通したユーザー・エクスペリエンスを利用できます。

チームの作業効率の向上

リモート・チームをサポートするライフサイクル管理ソフトウェア、Rational Team Concertを使用します。アジャイル型、フォーマル型、およびその両方が混在するハイブリッド型の計画およびレポート作成機能を備えた共通のプラットフォームを使用することで、ソース管理を可能にし、自動化を構築して、ライフサイクル管理プロジェクトでのコラボレーションを行えます。

柔軟なパッケージ

適切な購入オプションを選択できます。「COBOL向けツール」、「COBOL+最新化ツールJava版」、「COBOL+最新化ツールEGL版」のいずれかにより購入できます。

購入・お問い合わせ