概要

IBM Rational Application Developer for WebSphere Softwareは、市販のEclipseベースの統合開発環境(IDE)です。Java、Java EE、Web 2.0、ハイブリッド・モバイル、ポータル・アプリケーション、Webサービス、RESTサービスなどのさまざまなアプリケーションを視覚的に設計、構成、テスト、分析、実装するためのツールを提供します。分散プラットフォームやIBM Cloud用のアプリケーションの開発と実装を迅速化します。この製品の多数の統合機能を使用することで、ベテランの開発者も初心者の開発者も、生産性と効率性を高めることができます。

アプリケーションのフロントエンドを保守

既存および新しいプログラミング・モデルやテクノロジーのツールを使用し、最新のJava、Java EE、SOAのプログラミング・モデルをサポートします。

高い初期コード品質の提供

アプリケーションの開発、テスト、実装、管理の迅速化に役立つ、高度なテスト・ツールや分析ツールから選択できます。

必要な機能のみをインストール

きめ細かいインストール環境の管理により、ユーザーのニーズに合わせて、より小規模で、より即応性の高いIDEを作成できます。

主要な機能

  • Webアプリケーションやモバイル・アプリケーションの開発を迅速化
  • サービスやJavaアプリケーションの開発を迅速化
  • IBMミドルウェア向けに最適化
  • 高度なテスト・ツールと分析ツールを使用
  • 柔軟な実装の利点を活用

購入・お問い合わせ