スポットライト

要件ツールの統合

Rational Quality Managerは、Rational DOORS Next Generationの要件管理ツールと連携します。テスト・ケースをリンクして、要件が変更されたときに疑念点としてマークすることができます。

自動化ツールの統合

Rational Quality Managerは、Rational Functional Testerなどの多数のテスト自動化ツールと統合できます。あらゆる種類のツールでテストを実行して、結果を一元的に収集できます。

包括的なテスト計画

プロジェクトの品質目標と終了基準をテスト計画に明記し、責務と優先順位付けされた項目を追跡して、検証と確認を行います。

通信のサポート

イベント・フィード、統合チャット、レビューと承認、自動トレーサビリティーなどの機能により、地理的に分散したチーム間のコミュニケーションをサポートします。

先進のレポート作成機能

品質管理者、ビジネス分析者、リリース管理者のニーズや懸念に応える高度なレポート機能により、配信の準備状況を容易に評価できます。

リスク・ベースのテスト

リスク・ベースのテストにより、障害の重要度や発生の可能性または影響度に基づいてテスト対象の特長や機能に優先順位を付け、リスク管理の最善の手法をサポートします。

お客様導入事例

  • Cisco Systems社がIBM Rationalソフトウェアによって障害分析に費やす時間を60%短縮

    Cisco Systems社

技術的詳細

ソフトウェア要件

ソフトウェア要件の詳細については以下をご覧ください。

    ハードウェア要件

    ハードウェア要件の詳細については以下をご覧ください。

      購入・お問い合わせ