概要

IBM Prescriptive Maintenance on Cloudは、工場やビジネスの運用に悪影響を与える可能性のある、資産の信頼性に関するリスクを事前に特定して管理することで、信頼できるエンジニアの必要性に焦点を合わせています。数学、化学、工学の原理を使用し、製造業、生産プロセス、製品をより効率的で信頼性の高いものにする機械学習を適用します。予測的なスコア付けと資産の正常性に、良い影響または悪い影響を与えると特定した要因に基づいて、取るべき処置を事前に指示し、資産の性能に影響を与えた履歴上の要因に関する詳細な比較データを提供します。
IBM Predictive Maintenance

リアルタイム機能

センサーのリアルタイム情報を、既存の静的データと組み合わせて統合、管理、および分析します。

ビッグデータ、予測分析、ビジネス・インテリジェンス

予測モデリング、意思決定管理、ワークフローとダッシュボード、および早期警告アルゴリズムを、すべてのタイプおよびボリュームのデータと結合します。

オープン・アーキテクチャーとデータ統合

すぐに使用可能なコネクターと API により、数多くのシステムとデータ・ソースに接続できます。

プロセス統合

既存の Enterprise Asset Management (EAM) システムに洞察と推奨事項を提供し、これらのシステムで作業指示書を実行します。

価値実現までの時間を短縮

SaaS ソリューションは、IT インフラストラクチャー・コストの増加を回避します。SMB にも大企業にも魅力的なソリューションとして、実装を迅速化し、資産集約型企業が分析のメリットを素早く実現できるようにします。

主要な機能

  • 資産の保守状況
  • 推進要因とリスク要因
  • 資産の性能比較
  • 機械学習

クラウド上のセキュリティーとプライバシー

IBMのクラウド・オファリングを使用すると、お客様はセキュリティー、プライバシー、リスクのレベルを損なわずに、変化するビジネス・ニーズに迅速に適応できます。 IBMクラウド・セキュリティーの詳細を見る

このオファリングは、お客様が選択したエディションごとに以下の業界標準とグローバル・コンプライアンス標準を満たしています。

  • EU-US Privacy Shield and Swiss-US Privacy Shield Framework
  • ISO 27001

個別のオファリングのエディションのコンプライアンスと認定状況については、クラウド・サービスのデータ・セキュリティーとデータ・プライバシーに関するデータ・シートをご参照ください。

製品イメージ

機械学習
機械学習
資産の性能比較
資産の性能比較
推進要因とリスク要因
推進要因とリスク要因
資産の保守状況
資産の保守状況