概要

IBM Prescriptive Quality on Cloudは、従来型の統計プロセス・コントロール技法よりも早い段階で、より確実に品質の問題を検出し、優先順位付けを行います。また、IBM Prescriptive Quality on Cloudは、サプライ・チェーンおよび製造の両方で品質の責任を負う基幹業務向けに設計されており、製品の歩留まりを改善して処理能力を高め、品質の低下に伴うコスト全体の削減を実現します。
IBM Prescriptive Quality on Cloud

低い誤警告率

先進的な統計アルゴリズムにより、(低い誤警告率で)開発中の品質の問題を検出し、製造や生産工程のあらゆる段階で問題の発生を警告します。

品質問題の早期検出

統計プロセス・コントロール方式よりも早い段階で、決定的に生産工程と製品品質の問題を検出します。

製品品質の監視

資材や構成要素の品質を評価して、基準以下の資材の導入を防止します。また、重要な工程で製造される構成要素や製品が仕様に準拠しているかを判別します。

プロセス品質の監視

生産工程を監視して、設備が適切に調整されているかを判別します。また、生産工程の入出力変数が目標範囲内にとどまっているかを判別します。好ましくない変更が行われた場合にはアラートを発行します。

SaaSの展開

自動化されたアプリケーションのプロビジョニングと登録サービスにより、オファリング・インフラストラクチャー全体を管理する、安全なIBM Cloudのデータセンターを介した展開を迅速化します。

主要な機能

  • 品質早期警告システム
  • 設計思考のユーザー体験
  • Quality Early Warning System
  • ユーザー体験
  • 優先順位付けされたアラート

クラウド上のセキュリティーとプライバシー

  • IBMは、企業がIBMのクラウド・オファリングを使用するにあたり、セキュリティー、プライバシー、リスクのレベルを損なわずに、変化するビジネス・ニーズに合わせて迅速に適応できるよう努めます。

    IBMクラウド・セキュリティーの詳細を見る

製品イメージ

品質早期警告システム
品質早期警告システム
設計思考のユーザー体験
設計思考のユーザー体験

購入・お問い合わせ