スポットライト

アプリケーション・デリバリーの経済性の向上

IBM Power System E950は、POWER9アーキテクチャーにより、アプリケーション・デリバリーとITサービスの経済性を向上させます。中堅企業と大企業向けのこの高性能な4ソケット・システムは、POWER9プロセッサーと、メモリーと入出力帯域幅の拡張により、スループットを向上させて応答時間を短縮することで、より迅速にビジネスの結果を出せるようにします。

効率性の向上と運用コストの削減

十分に活用されていない古いサーバーを統合すると、効率性を向上させ、運用コストを削減できます。単一のシステム・バックプレーンと単一の冷却ドメインを持つIBM Power System E950は、POWER8よりコンパクトで、費用対効果に優れ、スペースとエネルギーの効率の高い4Uフォーム・ファクターです。最大48個のPOWER9コアと最大16TBのDDR4メモリー(POWER8の4倍)により、保守を削減し、リソースの使用率と効率性を高められるようにします。

回復力と保守性の強化

IBM Power System E950には、ホット・プラグ、予備電源機構、冷却が標準装備されています。このサーバーは、プロセッサーとメモリーの両方のためのN+1段階の予備電圧調節サブシステムと、入出力(ブラインド・スワップPCIeアダプター・スロットおよびディスク)の並行保守を提供します。

変化する要求への迅速な適応

IBM Power System E950を使用すると、変化するビジネス環境の要求に迅速に適応できます。このサーバーは、IBM PowerVM仮想化機能により、ワークロードの変化に動的に対応できるようにします。プロセッサーとメモリーのCapacity on Demandにより、プロセッサーまたはメモリーの容量を永続的に、必要な間だけ、円滑にプロビジョニングできます。