スポットライト

64ビットのサポートによってビッグデータ要件に対応

コンパイラーは、LP(64)オプションによって64ビット・アプリケーションをサポートするようになりました。つまり、32ビット・アプリケーションのすべてのストレージの制限が高くなりました。アプリケーションは2Gを超える合計ストレージを獲得して操作することができ、個々の構造とアレイのサイズを2Gより大きくすることができます。さらに、既存の32ビット・アプリケーションと同様にすべてのPL/Iステートメントと関数を使用しながら、これらのデータの制限の廃止を活用できます。

XMLによる生産性と最新化の向上

コンパイラーは、プログラマーの生産性を向上させるために、新規および拡張された組み込み関数、疑似変数、サブルーチンを提供するようになりました。タグなしのXMLテキストを生成するために、新しいXMLCONTENT属性が導入されています。

DB2に対するミドルウェア・サポートの向上

コンパイラーは、DB2アプリケーションに対する追加のSQLサポートによってミドルウェアの機能を改善しています。SQLプリプロセッサーは、ステートメントDEFINE ALIAS、DEFINE ORDINAL、DEFINE STRUCTUREを解析するようになりました。

JSONによる性能と機能性の向上

コンパイラーは、ベクトル機構フィーチャーをさらに活用するようになり、協定世界時(UTC)の日時の組み込み機能を提供するようになりました。新しいJSON属性のJSONNAMEとJSONOMITを使用して、JSONデータを処理することもできます。

SMFトラッキング・サポートの強化

コンパイラーで提供される新しいレベルのz/OSシステム管理機能(SMF)トラッキング・サポートにより、サブキャパシティー・トラッキングを実装している場合に、管理レポート作成のオーバーヘッドを削減できます。

PL/IプログラムとJavaコンポーネントとの互換性

コンパイラーは、IEEEの10進浮動小数点標準をサポートしているため、Javaデータを変換せずに受け取り、操作して、送信することができます。Javaの相互運用性をさらに高めるために、コンパイラーは、サポートされるPL/I言語の一部としてスレッド・セーフのPL/Iライブラリーとマルチスレッド化ステートメント(ATTACH、WAIT、DETACH)を提供するようになりました。さらに、PL/Iは、ヌル終了ストリングとUTF-8を完全にサポートするようになりました。

容易な移行

「Enterprise PL/I for z/OS Compiler and Runtime Migration Guide」には、既存のOS PL/I V2とPL/I for MVSアプリケーションを新しいランタイム環境に移行する際に必要となる有用な情報が記載されています。新しいコンパイラーに移行すると、既存のアプリケーションで、Enterprise PL/I for z/OSで利用できる多数の新機能を活用でき、新しいコンパイラーで提供される性能上の多くの利点を得られます。

ワークステーション・ベースの開発

Rational Developer for z Systemsは、アプリケーションの作成、保守、再使用のための対話式のワークステーション・ベースの環境を提供します。Rational Developer for z Systemsには、PL/Iを使用する従来型の開発に対するサポートが組み込まれていますが、既存のPL/IアプリケーションからWebサービスを簡単に作成するためにPL/I構造からWebサービス・インターフェースを生成する機能も備わっています。

複数プラットフォームにわたるPL/I

Enterprise PL/I for z/OSは、互換性のあるコンパイラー、アプリケーション開発ツール、保守ツールのファミリーの一部です。Enterprise PL/I for z/OSに加えて、IBMは、複数プラットフォーム向けのPL/Iコンパイラーのほか、IBM File Manager、IBM Fault Analyzer、Debug Toolを提供しています。推奨されるワークステーション・ベースの開発環境は、Rational Developer for z Systemsです。

IBM z14のCPU使用量を削減

IBM Enterprise PL/I for z/OS V5.2は、10進計算集約型アプリケーションによるCPU使用量を最大40%削減して、z14上のEnterprise PL/I for z/OS V5.1で作成された同じアプリケーションではz14で平均10%削減します。CPU使用量のこのような大幅削減は、新しいVector Packed Decimal機能とARCH(12)コンパイラー・オプションの最適化とコンパイラー活用の改善によって実現しています。

お客様導入事例

技術的詳細

ソフトウェア要件

IBM Enterprise PL/I for z/OS V5.1は、下記のプログラムのサポートされているリリース、それらの後続のリリース、同等プログラムと連動して実行されます。プログラム一時修正(PTF)を必要とするリスト上のプログラムの詳細については、プログラム・ディレクトリーを参照してください。

    ハードウェア要件

    Enterprise PL/I for z/OS V5.1は、以下のIBM z Systemsサーバーで実行されます:

    • IBM z13
    • IBM zEnterprise EC12(zEC12)
    • IBM zEnterprise BC12(zBC12)
    • IBM zEnterprise 196(z196)
    • IBM zEnterprise 114(z114)
    • IBM System z10(z10 EC、z10 BC)

    おすすめ関連製品

    IBM Enterprise COBOL for z/OS

    ビジネス上重要なアプリケーションの性能を向上

    詳細を表示

    IBM Automatic Binary Optimizer for z/OS

    スイッチの切り替えだけでCOBOLアプリケーションの性能を向上

    詳細を表示