概要

IBM Plant Performance Analytics は、計測機器によって生成されたデータを分析し、生産性の低下につながる要因を可視化することにより、生産性を妨げる要因に対処します。工場管理は、品質に影響を与える設備の障害や生産プロセスの変動の統計的確率を計算できます。IBM Plant Performance Analyticsは、工場管理において設備全体の有効性を危険にさらす根本的な原因を特定して、そのリスクを軽減するための推奨事項を提供します。
IBM Plant Performance Analytics

生産量低下の回避

OEEに影響を与える停止時間、品質、スループットの損失に対する予測結果の可視化により、工場管理において、生産量の低下や運用コストを削減するために、こうした問題に事前に対応することができます。

保守計画の最適化

設備データと保守記録を分析して機器の障害を予測し、生産ラインの停止時間を最小化または回避するための最適な保守計画を推奨します。

問題解決の加速

プロセスと製品の品質を危険にさらす推定根本原因、設備障害の発生確率、生産プロセスの変動を判別して、こうしたリスクを軽減するための推奨を規定します。

SaaSの展開

自動化されたアプリケーションのプロビジョニングと登録サービスにより、オファリング・インフラストラクチャー全体を管理する安全なIBM SoftLayerのデータセンターを介した展開を迅速化します。

仕組みを見る

購入・お問い合わせ