概要

IBM Trusteer Rapportは、金融のマルウェアとフィッシング攻撃から顧客を保護するように設計された、先進のエンドポイント保護ソリューションです。先進のテクノロジーを使用するIBM Trusteer Rapportは、MitB攻撃から防御して、エンドポイント・デバイスからマルウェアを除去し、顧客がフィッシング・サイトに侵入するのを防ぎ、顧客を保護するように設計されています。Trusteer Rapportは、企業がコストを削減して不正の検出と防止を強化し、シームレスな顧客体験を提供するために役立つ幅広いセキュリティー・ソリューションを提供します。

シームレスな顧客体験

オンライン・バンキングでのセッション中にシームレスな顧客体験を提供し、先進の不正防止対策テクノロジーによって顧客を保護します。

コストの削減

IBM Trusteer Rapportは、マルウェア感染とフィッシング攻撃に関連する不正による損失を大幅に削減し、不正防止対策への投資の高い回収率を実現します。

不正の検出と防止

先進のテクノロジーを使用して、金融のマルウェア感染とフィッシング攻撃から顧客を保護します。不正の検出と防止の能力を強化して、不正による損失を削減します。

主要な機能

  • フィッシングの自動的な検出と保護
  • 金融マルウェアからの保護
  • エンドポイント・マルウェアの修復
  • グローバルな脅威インテリジェンス・サービス
  • 新しいフィッシング戦術からの保護

クラウド上のセキュリティーとプライバシー

IBMのクラウド・オファリングを使用すると、お客様はセキュリティー、プライバシー、リスクのレベルを損なわずに、変化するビジネス・ニーズに迅速に適応できます。 IBMクラウド・セキュリティーの詳細を見る

このオファリングは、お客様が選択したエディションごとに以下の業界標準とグローバル・コンプライアンス標準を満たしています。

  • EU-US Privacy Shield and Swiss-US Privacy Shield Framework
  • FFIEC for Financial USA
  • ISO 27001
  • SOC2 Type 2 (SSAE 16)

個別のオファリングのエディションのコンプライアンスと認定状況については、クラウド・サービスのデータ・セキュリティーとデータ・プライバシーに関するデータ・シートをご参照ください。