概要

IBM Tivoli Output Manager for z/OSは、ローカルおよびリモートのシステムから出力を自動的に取り込み、保存し、配布する出力管理ソリューションです。取り込んだデータをカスタマイズ可能なレポートに変換し、レポートの配布と印刷を自動化します。

Output Managerはスプール上のジョブからSYSOUTを取り込み、SYSOUTをディスクに保管し、その後SYSOUTをレポートに変換します。これらのレポートは表示、印刷、配布が可能です。ISPFインターフェースとWebブラウザー・インターフェースの両方を備えています。ISPFインターフェースは主に管理者が使用します。Webインターフェース(ITOM web)は主にレポートのエンド・ユーザーが使用します。

すぐに利用できるz/OS機能を使用

既にお持ちの信頼できるz/OS機能(DFSMShsm、DFSMS、RACFなど)を使用して、z/OSプラットフォームの強みである信頼性、管理の容易性、安全性を活用します。

レポートのアクセス可能性の向上

必要な時、場所、方法に応じて、レポート、アーカイブしたSYSOUT、またはアーカイブしたレポート・ページを表示または印刷します。モバイル端末、Webブラウザー、e-メール、またはISPFインターフェースから表示できます。

IBM Workload Schedulerとの統合

Workload Schedulerの画面からOutput Managerに直接移動して、Workload Schedulerのジョブ出力の履歴を表示します。問題分析を実行します。履歴の実行時間と現在/以前の例外を比較します。

カスタム・レポートが可能

SYSOUTのサブセットを含むカスタム・レポートや、特定の索引フィールドを含む索引付きレポート・ページを、レポート管理者が定義できます。

レポート配布の制御

レポートが利用可能になったらすぐに、自動的に印刷して意思決定担当者に配布します。e-メールでの通知と配信、コンテンツ固有の例外を強調表示する機能を提供します。