概要

IBM® Z Operations Insight Suiteの運用分析オファリングは、ビッグデータに関連するさまざまな課題に対処します。この製品群では、単一の制御点を使用したIBM Z運用データの重要な処理および分析が可能です。組織がz/OSベースのデータセンターの運用に対する深い洞察を得るには、こうした単一のデータ収集点が必要です。

IBM Z Operations Insight Suiteには以下が組み込まれています:

  • IBM Z Decision Support for Capacity Planning V2.1
  • IBM Z Operations Analytics V4.1
  • IBM Z Common Data Provider V2.1
IBM Z Operations Insight Suite

洞察の迅速な活用

ほぼリアルタイムのデータ収集とキュレーションに、zIIPの対象となるデータ処理を組み合わせることで、オーバーヘッドを削減し、ほぼリアルタイムな分析が可能になります。

先進的な視覚化機能

すぐに使用できるダッシュボードが用意されており、主要なパフォーマンス・メトリックや容量計画をCognos Analytics、Splunk、またはElastic Stackで表示できます。

将来のリソース・ニーズの予測

標準装備の予測機能を活用すると、現在の容量およびビジネスの成長傾向をもとにして、将来のリソース・ニーズを予測できます。

問題の早期解決

お客様のIT運用環境の正常性について実用的な洞察を入手し、問題の特定、切り分け、修復を迅速化します。

将来に備えた履歴データの記録

全社的なIT使用状況に関する履歴データに容易にアクセスできるようログ・データを収集し、パフォーマンス報告、サービス・レベル管理、運用計画などに活用できます。

障害の削減

機械学習を使用して正常なシステム動作を基準化し、異常を事前に検出し、異常が発生した場合は運用部門に通知します。

主要な機能

  • 主要パフォーマンス・メトリックの継続的キュレーション
  • そのままですぐに使用できるダッシュボード
  • 将来のリソース・ニーズの予測機能
  • R4HAおよびTailored Fit Pricing用の拡張レポート
  • 全社的な運用の視覚化
  • ワークロードの異常な動作を特定

仕組みを見る

購入・お問い合わせ