概要

IBM Operations Analytics for z Systemsは、IBM z Systems環境に存在する、ログ、イベント、サービス要求データ、性能メトリックなどの大量の構造化および非構造化の運用データを検索、視覚化、分析するために使用できるツールです。作業負担の問題を特定して、隠れている問題を見つけ、根本原因の分析を迅速に実行します。

障害の削減

機械学習を使用して、運用の異常を発生前に検出し、発生時には運用部門に通知します。

予測と調整

複数のサービス間で新たな問題を検出するため、発生前にアラートを発行して、状況の変化に合わせて調整することができます。

行動に関する推奨

修正措置とサービスの保証を向上させるためのアドバイスを専門家から得られます。

主要な機能

  • ワークロードの異常な動作を特定
  • 運用データに隠れている一般的な問題の特定
  • 根本原因の分析に要する時間の短縮
  • z Systemsの領域に関する専門知識の活用

製品イメージ

ジョブ性能ダッシュボード
ジョブ性能ダッシュボード
問題に関する洞察
問題に関する洞察

仕組みを見る

購入・お問い合わせ