概要

IBM Open Data Analytics for z/OSは、最適化されたデータ・アクセスと抽象化サービスにより、主要なオープン・ソース分析テクノロジーを統合します。データ分析を簡素化するよう設計されており、企業のお客様に、オープン・ソースのランタイムやライブラリーのメリットを、ビジネス上重要なz/OSデータをソースで分析する利点と組み合わせて提供し、データの移動を減らして、最新データの活用から得られる洞察の価値を高めます。
IBM Open Data Analytics for z/OS

より価値の高い洞察

最新データを使用して、z/OS内外の多様なデータを取り込み、洞察を得る際の遅延を短縮して、分析からより高い価値を引き出します。

コストの削減

オープン・ソース・テクノロジーを活用することで、データをそのままの場所で維持しながら、分析をデータに適用し、高いコストがかかる抽出、変換、ロード(ETL)のプロセスを削減します。

柔軟な採用

あらゆる場所でデータ・サイエンティストが一般的に使用している一貫した最新の分析機能を使用して、異機種混合環境全体で統合します。

データ分析の簡素化

データを保管場所で維持して、一般的な分析プログラミング言語とオープン・ソース・テクノロジーを使用します。

データ・アクセスの保護

改ざんされた場合にはゼロにリセットされるz Systems暗号カードを利用して、ビジネス・データと洞察を保護します。すべてのデータを暗号化して、元のソースで分析します。

相互運用性の向上

標準インターフェース経由で洞察を持続して共有する独自の機能により、エンタープライズ・ビジネス・アプリケーションと統合します。

主要な機能

  • 開発の簡素化
  • 幅広いアルゴリズムの実装
  • データ・アクセスの統一によって分析を統合
  • 分析結果の加速