概要

IBM® Watson Order Optimizerは、小売業界におけるオムニチャネルの業務処理担当者がコグニティブ技術を活用し、顧客をより深く理解してリアルタイムに行動できるよう支援します。担当者は洞察と分析を通じて意思決定を下し、行動を起こして、デジタルの店舗チャネルと物理的な店舗チャネル全体で顧客の期待に応え、利益性の高いビジネスを促進する体験を構築します。IBMの注文業務処理ソフトウェアによって、事業部門が最適化されたオムニチャネルの業務処理計画をリアルタイムで実施できるようになり、特にピーク期間において出荷コストを抑えて利益を高めながら、処理容量を最大限に拡大することができます。

オムニチャネル業務処理の利益性

注文の業務処理を最適化し、最も低いサービス・コストで実施します。

オムニチャネルの処理容量を調整

店舗を活用して処理容量を最大にすることで、ピーク期間に顧客が注文した品物を受け取る方法、タイミング、場所に関する注文業務の需要を満たす能力を高めます。

サービス・コストに関する問題の解決

サービスに対するオムニチャネルの業務処理コストをインテリジェントに調整し、利益を確保して店舗の処理容量を活用し、顧客の期待に応える配送を実現します。

主要な機能

  • 総体的なオムニチャネル業務処理のパフォーマンス・ビュー
  • コスト、容量、利幅の成果を評価
  • 総サービス・コストをリアルタイムで削減
  • オムニチャネル業務処理の利益性
  • 最適化された調達
  • コグニティブ機能

クラウド上のセキュリティーとプライバシー

  • IBMは、企業がIBMのクラウド・オファリングを使用するにあたり、セキュリティー、プライバシー、リスクのレベルを損なわずに、変化するビジネス・ニーズに合わせて迅速に適応できるよう努めます。

    IBMクラウド・セキュリティーの詳細を見る

製品イメージ

総体的なオムニチャネルの業務処理状況表示画面
総体的なオムニチャネルの業務処理状況表示画面
コスト、容量、利幅の成果を評価
コスト、容量、利幅の成果を評価
総サービス・コストをリアルタイムで削減
総サービス・コストをリアルタイムで削減

仕組みを見る

購入・お問い合わせ