スポットライト

ネットワークの性能の向上

IBM OMEGAMON XE for Mainframe Networksを使用して、z/OSシステムのネットワーク性能管理データを収集できます。z/OSシステム・リソースと基幹業務アプリケーションのネットワーク性能を予測的に監視して管理します。

効率的なストレージ

IBM OMEGAMON for Storage on z/OSにより、ストレージの監視、管理、修正措置の機能を使用して、ストレージに関連する障害や性能の問題を防止できます。ストレージ管理者は、共通のインターフェースやプロセスを使用して、適切なアラート、ターゲットを絞ったレポート、関連ツールへのリンクによって効率を高めることができます。OMEGAMON for Storage on z/OSは、正常かつ効率的なz/OSストレージ環境を維持するために必要となる重要なハードウェアとソフトウェア・サブシステムを管理します。

問題解決の迅速化

IBM OMEGAMON Dashboard Edition for z/OSにより、IBM OMEGAMON XEの各種監視やサード・パーティー・ソフトウェアなどの多様なツールからの情報を1つの場所で表示します。複数のプラットフォームにまたがるアプリケーションなども監視できるように、アプリケーション・ビューを作成できます。優先度の高いアプリケーションの影響を受ける問題の原因を突き止めることができます。ITスタッフや管理者がシステム・イベントの影響を理解して、企業全体にわたる意思決定を迅速かつ効率的に、さらには予測的に行うことが可能になります。

高度な監視

OMEGAMON for XE on z/OSにより、システム・リソースと基幹業務アプリケーションのネットワーク性能を監視して管理します。アドレス・スペース、リソース、ストレージの包括的なLPAR間の監視を実現します。グラフィカル・インターフェースや3270ベースのインターフェースにより、全社的なシステム環境を1つの画面で表示します。監視エージェントのセットアップと構成を簡素化します。パラメーターや保守ジョブの数を減らして、エラーを減らし、保守の時間枠を短縮します。

z/OS上のすべてのJava仮想マシンの監視

IBM OMEGAMON for JVM on z/OSにより、ユーザーは、任意のサブシステムやバッチ・アプリケーションからすべてのアクティブなJava仮想マシン(JVM)を1つの画面で表示できます。JVMの性能の問題に関するアラートをユーザーに発行して、問題の原因を切り分け、特定できるようにします。問題のあるスレッド、ロックの問題、最適ではないガーベッジ・コレクションの性能を特定できます。汎用プロセッサーと専用プロセッサーの両方のCPUの性能を表示して、JVM環境の詳細な情報をドリルダウンすることもできます。

技術的詳細

ソフトウェア要件

最新のソフトウェア要件については、以下のリンクを参照してください。

    ハードウェア要件

    ハードウェア要件は、ソフトウェア要件のリンクでバージョン別に概要が表示されています。

      おすすめ関連製品

      IBM OMEGAMON for JVM on z/OS

      z/OS上のJava仮想マシンのパフォーマンス管理

      詳細を表示

      IBM Service Management Unite

      統一されたサービス管理ダッシュボード

      詳細を表示