概要

IBM OMEGAMON for z/OSは、IBM z SystemsとIBM zEnterpriseシステムの詳細な監視および問題管理を行います。ワークロード・マネージャー、カップリング・ファシリティー、システム間カップリング・ファシリティー(XCF)、グローバル・エンキュー、共用DASD、USSワークロードなどのコンポーネントの監視と管理を行います。これらの環境やコンポーネントをより効率的かつ効果的に管理できるように、可視性、使いやすさ、性能を向上させる設計になっています。IBM OMEGAMON for z/OSは、z/OS環境を管理するための単一のツール・セットであるIBM Performance Management Suite for z/OSの一部として購入いただけます。

性能の向上

性能への影響の根本原因をほぼリアルタイムで検出して、可用性を高めます。

可視性の強化

IBM 3270ベースのユーザー・インターフェースを使用して、単一画面から企業全体の環境を表示します。

使いやすさの向上

自己記述型エージェントとパラメーター・ライブラリーの方法論を使用して、インストール、構成、保守を簡素化し、生産性を高めます。

コストの削減

IBM OMEGAMONのアーキテクチャーにより、ハイブリッド環境全体にわたってクラウドをサポートし、ソフトウェア・コストとメインフレーム・リソースのニーズを軽減します。

主要な機能

  • 問題解決
  • IBM 3270ベースのユーザー・インターフェース
  • インストール、構成、保守の簡素化
  • クラウドのサポート