スポットライト

リアルタイムおよび過去のストレージ・データの監視および管理

フラッシュ、ディスク、テープおよびVTSデバイス(IBMおよびIBM以外)に加えて、DFSMShsm/ DFSMSdss、DFSMSrmm、ICKDSF、IDCAMS、CA1を含む主要なソフトウェア・サブシステムを監視および管理します。ACSルーチンのような DFSMS構成や、チャネル(FICON)、制御ユニット、CACHEおよびフレーム・レート・ペーシングなどが利用できます。

統合された問題解決ワークスペース

問題解決ワークスペースを使用して、空間ベースのストレージ・グループ、データ・セット・グループおよびカスタム定義のグループを、論理と物理の両方のボリュームのビューで管理します。DFSMShsmワークスペースは有効なHSMキュー、コントロール・データ・セット、およびその他の機能をカバーします。新たに拡張および強化された3270ユーザー・インターフェースにより、重要な情報に迅速に到達しやすくなりました。関連ワークスペースやその他のツールへのリンクにより、問題の「掘り下げ」や「掘り広げ」を迅速に識別して解決できるようにします。

アプリケーション・ビュー

重要なアプリケーションのストレージのパフォーマンスを最適化します。重要なアプリケーションのエンドツーエンドのz/OSアプリケーション・ストレージ(I/O)の性能を監視して、問題がパフォーマンスに影響を及ぼす前に自動的に対応できるようにします。

例外による管理

特定のニーズに合わせて柔軟にカスタム調整されたレポートを選択します。正確で論理的なステートメントで状況を定義し、適切なアラートを使用して「本当の」問題にフォーカスできます。評価時間を浪費し、本当の問題を示さなかったり潜在的な懸念を表さない可能性のある、多数のしきい値アラートを生成することはありません。

強力なデータ・セット・ビューとアクション機能の適用

ツールキットから任意のJCLの作成をバッチ処理して、適切なアラートから事前に計画した対応を起動できるようにします。さらに、専門家の知識を取り込んで適用し、専門家の必要性を軽減します。