概要

IBM OMEGAMON for Storage on z/OSは、ストレージの管理、修正機能を提供して、ストレージに関連する障害を防止します。管理者は、共通のインターフェースやプロセスを使用して、適切なアラート、ターゲットを絞ったレポート、関連ツールへのリンクによって効率を高めることができます。OMEGAMON for Storage on z/OSは、正常かつ効率的なz/OSストレージ環境を維持するための、重要なハードウェアとソフトウェア・サブシステムを管理します。z/OSのI/Oサブシステムの性能、スペース管理とストレージの可用性の包括的ストレージ監視に基づく自動化アクションで、最適なパフォーマンスを保証します。

IBMおよびIBM以外のストレージの管理

Data Facility Systems Managed Storage階層ストレージ・マネージャー、テープ管理サブシステムなどのストレージ・ソフトウェア・コンポーネントを管理します。リアルタイムで実用的なハードウェア・サブシステムの状況を表示します。

問題解決ワークスペース

Dynamic Workspace Links(DWL)の問題解決ワークスペースを、Tivoli Enterprise Portal(TEP)やEnhanced 3270 UIの関連ツールに使用して、問題の迅速な解決を支援します。

ストレージのパフォーマンスの広範なビュー

エンドツーエンドのz/OS I/Oサブシステムの性能と可用性を監視できる、アプリケーション・ストレージのパフォーマンスの完全なビューを提供します。

例外と応答の定義

シンプルなしきい値の通知をトリガーしないで、実際の問題をターゲットにするカスタム例外シチュエーションを定義します。自動的に対応したり、管理者にアラートを出すような、標準あるいはカスタムの状況を設定します。

自動化コマンドでの対応

ストレージ・ツールキットを使用して、管理者が自動化コマンドやスケジュールされたアクションでストレージ環境の管理をより効率的にできるようにします。

主要な機能

  • リアルタイムおよび過去のストレージ・データの監視および管理
  • 統合された問題解決ワークスペース
  • アプリケーション・ビュー
  • 例外による管理
  • 強力なデータ・セット・ビューとアクション機能の適用