すべてのオンラインJava仮想マシンの自動検出

1つの画面で、現在のJavaのワークロード量やその実行場所を明確に把握できます。

JVMのパフォーマンスに関する、詳細なリアルタイムのレポートや履歴レポート

ガーベッジ・コレクション、スレッド状況やロック使用率などの、Javaの重要パフォーマンス指標(KPI)のリソースに関する洞察を深め、Javaアプリケーションのパフォーマンスを目に見える形で示します。

CPU使用率の監視によりMLCの削減を支援

監視対象のアドレス・スペースに関する、全体的なCPU使用率やzIIPオフロード発生量を表示します。

OMEGAMONモニタリング・ファミリー内での統合

メインフレームとサブシステムの1つのビューにより、監視と管理を簡素化します。

z/OS Connect EEのリソースと要求の監視

z/OS Connect Enterprise Editionを実行しているJVMを自動的に特定し、要求時間や応答時間を含め、このゲートウェイを介して利用できるサービスおよびAPIの詳細情報を入手します。

重要パフォーマンス指標アラート

CPUのパフォーマンス、ガーベッジ・コレクションやJVMの正常性メトリックを追跡する、製品提供の状況により、現在のパフォーマンスに対する洞察を素早く引き出すことができます。

技術的詳細

ソフトウェア要件

最新のソフトウェア要件については、以下のリンクを参照してください。

    ハードウェア要件

    この製品に関連するハードウェア要件はありません。

      仕組みを見る

      今すぐ試す