概要

IBM OMEGAMON for JVM on z/OSは、z/OS上のすべてのJava仮想マシンをリソース・レベルで監視します。Java関連のパフォーマンスの問題を即時に警告するため、問題がビジネス・プロセスに影響を及ぼす前に、根本原因に対して修正措置を取ることを可能にします。

すべてのオンラインJVMの自動検出により、z/OS上で稼働するJavaを完全に可視化できます。また、IBM z/OS Connect Enterprise Edition内で提供されているアプリケーション・プログラミング・インターフェイス(API)のパフォーマンスを追跡できます。OMEGAMONファミリーの他の製品と統合すると、z/OSを円滑に管理できます。

Javaワークロードの視覚化

すべてのオンラインJVMの自動検出により、実行中のJavaとその位置の把握が可能になります。

MLCの削減

zIIPのオフロードの効率性を含め、CPU使用率をJavaのスレッド・レベルで把握します。

管理と監視

ガーベッジ・コレクションやヒープ使用率の詳細を分析し、アプリケーションのメモリー・リークを検出します。

複数プラットフォームで広く使用

拡張3270ユーザー・インターフェースとTivoli® Enterprise Portal内でOMEGAMONモニタリング・ファミリーと統合します。

デジタル経済のサポート

デジタル経済を採用することで、IT担当者が重大なz/OS Connectサービス要求を監視して、ビジネスをサポートできるようにします。

主要な機能

  • すべてのオンラインJava仮想マシンの自動検出
  • JVMのパフォーマンスに関する、詳細なリアルタイムのレポートや履歴レポート
  • CPU使用率の監視によりMLCの削減を支援
  • OMEGAMONモニタリング・ファミリー内での統合
  • z/OS Connect EEのリソースと要求の監視
  • 重要パフォーマンス指標アラート
  • OMEGAMONモニタリング・ファミリーとしての円滑な統合

仕組みを見る

今すぐ試す