概要

IBM OMEGAMON for IMS on z/OSは、IMSのリソースとワークロードの性能を監視します。アラートを提供し、問題の根本原因を判別して、修正措置を実行します。リアルタイム・メトリックを監視して履歴データを分析し、遅延や停止の危険性を低減します。カップリング・ファシリティー構造に関する統計、共有キューのカウント、データベース・ロックの競合などにアクセスできます。OMEGAMON for IMS on z/OSは、Parallel Sysplexの単一制御点として、IMS ConnectのTCP/IPトランザクションを監視します。スタンドアロン・オファリングとしても、IBM Service Management Suite for z/OSやIBM OMEGAMON Performance Management Suite for z/OSの一部としても利用できます。

重要なアプリケーションへの影響を最小化

サービス・レベル・コミットメントを超えているアプリケーションの経過時間とCPU時間を監視して、問題を迅速に検出します。

ボトルネックの検出と防止

ボトルネック分析画面により、IMSとアプリケーションへの影響をグラフィカルに視覚化します。

応答時間の加速

トランザクションの入力キュー、処理、出力の時間に対する洞察を得られます。応答時間分析(RTA)がIMSplex全体のトランザクションを追跡して、応答時間をコンポーネント値に分割します。

制御と可視化の向上

IMS CommanderによってMTOとz/OSコンソール・メッセージの統合されたログが表示され、IMSに対してタイプ1とタイプ2のコマンドを発行できます。

時間の節約

PARMGEN(パラメーター・ベースのインストール・オプション)などの機能を使用して、インストールと管理を簡素化できます。

IBM OMEGAMON for IMS on z/OSの機能

  • すべてのIMSとIMS Connectの領域の自動検出
  • 詳細なリアルタイムの短期履歴性能レポート
  • IMS共有キュー(CSQ)のアプリケーション応答時間
  • MTOとIMS z/OSコンソール・メッセージの統合されたログ
  • アプリケーション性能の詳細な監視
  • 導入プロセスの簡素化
  • 強力な統合ユーザー・インターフェース
  • 重要パフォーマンス指標アラート
  • OMEGAMONのモニター・ファミリーとして円滑な統合
  • IMS Commander