概要

損保業界向けに標準化されたデータをWatsonの知識ベースに適用、さらにお客様に特化したコーパスを作成することで、より短期間で効果的なシステムを構築します。学習させたWatsonは、問い合わせに対する自動応答システムやコンタクト・センターのオペレータ支援に利用できます。

次のような課題をお持ちのお客様におすすめします:

  • 「コールの多様化・複雑化に伴う、オペレーターの処理時間の増大・対応能力不足」
  • 「Watsonを使いたいけど学習させるのが大変」
Watson Learning Support Service for nonlife insurance

短期間で効果的なシステムの構築

学習の初期段階で損保業界向けの標準コーパスをインポートするため、短期間で効果的なシステムを構築できます。

Watson対応範囲の最適化

Watsonに学習させる情報量と検索性は反比例し、2つのバランスの考慮が重要となります。お客様からの問い合わせ内容にマッチした応答システムを構築することで、Watson対応範囲の最適化を図ります。

オペレーター対応スキルの均一化

コンタクト・センターのオペレーター支援向けに学習させたWatsonを使うことにより、経験の少ないオペレーターでも一定のスキルを持ってコール対応が可能です。