概要

IBM NextGen Campus Networks(キャンパス・ネットワーク)は、数多くのモバイル・ユーザーにサービスを提供する企業における、パッシブ・オプティカル・ネットワーク(PON)と分散アンテナ・システム(DAS)を利用した大容量ネットワーク用のコンバージド・ファイバー・インフラストラクチャーの構築を支援し、どのデバイスでもよりよい体験が得られるようにすると同時に、その事業継続を可能にします。 IBMはアトランタにあるメルセデス・ベンツ・スタジアムで、パーソナライズされた顧客体験をサポーターに提供しています。このスタジアムでは、サポーター、選手、スタッフは、すべてが統合されたITシステム、IoTテクノロジー、没入型で先端技術を活用した一連の対話型アプリケーションを経験することができます。これは、IBMが構築サービスを行っており、IBM Cloud上で提供されています。

より優れたユーザー体験を提供

ネットワーク容量が大きく、シームレスに接続可能なキャンパス・ネットワークを構築して、ユーザー体験の向上と業務の効率化を実現します。

コストの削減

キャンパス・ネットワークを採用したIBMの一部のお客様は、設備投資や運用コストを30%から50%削減し、冷却やスペースに関する要件を軽減しました。

管理の複雑性を軽減

1つのキャンパス・ネットワークで、音声、動画、データの有線/無線接続、安全監視、アクセス制御、構築管理システム、HVAC、ライトニングをサポートできます。

主要な機能

  • コンバージド・ファイバー・ネットワーク
  • LAN接続
  • 分散型アーキテクチャー
  • 構成および管理