スポットライト

ワークロードのロード・バランシング

Lifelineは、TCP/IPアプリケーションをターゲットにするワークロードのロード・バランシングに2つの層を使用します。Lifelineは第1層のロード・バランサーに指示して、選択されたサイトの第2層のロード・バランサーにワークロード接続を転送し、その後その接続をサイト内のアプリケーションに転送します。 Lifelineは、メッセージを使用するワークロードについてはIBM MQクラスターに依存します。Lifelineはクラスターに指示して、選択されたサイトのIBM MQキュー・マネージャーにワークロード・メッセージを転送し、その後そのメッセージがアプリケーションで使用できるようにします。

サイトへの転送の推奨

2つの層のロード・バランサーを使用するワークロードでは、Lifelineは両方のサイトのワークロード・アプリケーションであるz/OSシステムおよび(該当する場合は)Linux on IBM Zシステムの可用性と正常性に基づいて、サイトへの接続転送の推奨を第1層のロード・バランサーに提供します。IBM MQクラスターを使用するワークロードでは、Lifelineは両方のサイトのIBM MQキュー・マネージャーとz/OSシステムの可用性と正常性に基づいて、サイトへのメッセージ転送の推奨をクラスターに提供します。

Lifeline AdvisorsとLifeline Agents

LifelineはLifeline AdvisorsとLifeline Agentsで構成されています。サイトのすべてのワークロード・アプリケーションまたはIBM MQキュー・マネージャーがダウンしているか正常でないことをLifeline Agentsが検出すると、Lifeline Advisorがワークロード障害を宣言します。サイト内のすべてのz/OSシステムおよび(該当する場合は)Linux on IBM Zシステムが使用できなくなっていることをLifeline Agents が検出すると、Lifeline Advisorがサイト障害を宣言します。いずれの場合も、ワークロードへの新規要求は他方のサイトに転送できます。

ワークロード構成

アクティブ/スタンバイ・ワークロードは、z/OSシステムでデータベースを更新するトランザクションを含むワークロード接続で構成されています。Lifelineはこれらの更新ワークロードへの接続がいつでも必ず1つのサイトにのみ転送されるようにします。アクティブ/照会ワークロードは、z/OSシステムでデータベースを照会のみするトランザクションを含むワークロード接続で構成されています。Lifelineはこれらの照会ワークロードへの接続がいつでもどちらかまたは両方のサイトに転送されるようにします。

計画停止

定期保守時間にワークロードを停止する必要がある場合に、Lifelineは1つのサイトから他方のサイトにワークロードを円滑に移行することで、ワークロードを常に使用可能にしておくことができます。これはワークロード要求の転送場所に影響を与えるLifelineコマンドを使用して達成できます。

技術的詳細

ソフトウェア要件

z/VMでの仮想化には、バージョンV5R3以降が必要です。

z/OSでの仮想化には、Communications Server for z/OSが稼働しているz/OSバージョンV2R1以降が必要です。

    ハードウェア要件

    z/OS V2R1以降が稼働可能で、Communications Server for z/OSからTCP/IPスタックを使用できる任意のIBM Z。