概要

IBM Watson Customer Experience Analytics Mobile Basics Editionは、洞察に基づき、モバイル・アプリを拡張し、ユーザーに使い勝手の良いモバイル体験を提供することができます。アプリでユーザーがどのような体験をしているかを具体的に理解して、アプリの使用をやめる原因を明らかにします。ユーザーの行動に対する洞察に富むレポートを使って対処することで、卓越したモバイル体験を提供できます。

ユーザーのセッションを可視化

セッションの一連の行動を記録し、再生機能を通じてユーザーの行動や目的を深く理解します。ズーム、タップ、スワイプ、画面回転により、ユーザーのコンバージョンやアプリを中止した原因を確認できます。

ユーザーが混乱する要因を特定

多くのユーザーが困惑するタッチポイントを即時に検出します。ユーザーがアプリを中止する原因となっている最も重要な問題を解決し、モバイル・アプリの成功を目指して最適化します。

ビジネスへの影響の定量化

モバイル・アプリに影響を及ぼす問題やユーザーのチャーンを増加させている問題の中で、最も重要なものを特定して測定します。リソースに優先順位を付け、問題を取り除くことで、ユーザー・エクスペリエンスを最適化し、アプリの使用中止を防ぎます。

ユーザーの目的を特定

ページ内での分析機能により、ユーザーがどのようにアプリを操作しているか、コンテンツがどのように影響しているかを確認できます。ヒート・マップ、比較分析、フォーム分析により、ユーザーが最も関心を示す領域を検出できます。

チーム間の連携を強化

目的の異なる複数の分析レポートを次々と比べてみる必要がなくなります。1つのインターフェースを共有して開発者とマーケティング担当者の両方がモバイル・アプリを強化し、ROIを向上することでチーム間の連携を強固にします。

主要な機能

  • モバイル・アプリのダッシュボードと分析
  • ユーザーが直面した問題の特定と分析
  • ヒート・マップ、リンク、比較、フォーム分析
  • シンプルかつ直感的なユーザー・インターフェース
  • セッションの内容が一目で分かるセッション・タイムライン
  • 問題をリアルタイムで通知するレポートとアラート

クラウド上のセキュリティーとプライバシー

  • IBMは、企業がIBMクラウド・オファリングを使用するにあたり、セキュリティー、プライバシー、リスクのレベルを損なわずに、変化するビジネス・ニーズに合わせて迅速に適応できるよう努めます。

    IBMクラウド・セキュリティーの詳細を見る

製品イメージ

ユーザーの行動を理解できるように、各セッションの操作をすべて表示します。
ユーザーの行動を理解できるように、各セッションの操作をすべて表示します。
ユーザーの画面上の操作、ユーザーが興味を持ったエレメントを理解できます。
ユーザーの画面上の操作、ユーザーが興味を持ったエレメントを理解できます。
フォーム・フィールドのどこでユーザーが滞留しているか、中断しているかを確認できます。
フォーム・フィールドのどこでユーザーが滞留しているか、中断しているかを確認できます。
ユーザーのセッションを表示して、問題点を特定して分析します。
ユーザーのセッションを表示して、問題点を特定して分析します。
ダッシュボードとレポートを使って、ユーザー・エクスペリエンスの問題を深く掘り下げることができます。
ダッシュボードとレポートを使って、ユーザー・エクスペリエンスの問題を深く掘り下げることができます。