概要

IBM Migration Utility for z/OSは、CA Easytrieve ClassicアプリケーションとCA Easytrieve PlusアプリケーションをIBM COBOLに移行します。オリジナルのライブラリーにあるEasytrieveのソース・コードを使用することで、お客様のEasytrieveへの投資を保護できます。IBM COBOLレポートを生成し、Easytrieveアプリケーションを更新または作成します。このユーティリティーには、検出、バッチ変換、並列テスト、電子出力の比較の機能が含まれます。プログラムの異常終了分析により、IBM Zおよび分散プラットフォーム上のWebサーバーへの出力を簡素化できます。
IBM Migration Utility for z/OS

自動変換とテスト

自動変換と並列テストにより、バッチ変換プログラムの処理を効率化します。

柔軟なソース・コードの保守

EasytrieveまたはCOBOLのいずれかでソース・コードを保守できます。

ファイルとデータベースの包括的なサポート

IBM Migration Utility for z/OSは、VSAM、QSAM、SAM、IBM Db2(ネイティブ、CA Easytrieve SQL構文、および動的SQLモード)、IDMS、IBM IMS(DL1)、テープ・ファイル、およびユニット・レコード装置などのファイル・タイプを操作できます。

編集とエラー検査の強化

利用可能なIDEにより、リアルタイムで構文を検査しエラーを表示できるようになるため、実行依頼後のジョブの失敗を避けることができます。

主要な機能

  • ワークステーションからメインフレーム・タスクを実行
  • Easytrieveを最大限に活用
  • 円滑で効率的な移行
  • 簡単にプログラムを最新化