スポットライト

資産管理

資産の機能を定義して記述し、階層関係を展開して、具体的な資産の詳細を監視し、業務の流れに自動的に組み込むことができる関連文書を提供することにより、あらゆるタイプの資産を管理します。

調達と資産管理

在庫状況を計画して、保守の要求に正確に対応し、必要なときに適切な部品を適切な場所で使用できるようにします。

クラウドの柔軟性

企業は、予測可能なコスト、容易な展開、ベンダーによるアップグレードを得るために、ますますSaaSを利用するようになっています。クラウドでMaximoを展開すると、必要な社内のITリソースが減るため、運用リスクとITコストを削減でき、ビジネス上の優先事項にリソースを再配置することができます。SaaSにより、ベンダーが管理する容易なアップグレードを利用できるため、お客様は常に最新機能のメリットを得られます。

資産の正常性を正確に把握

Maximo Asset Health Insightsでは、お客様は多様なIoTデータを使用して資産の正常性を管理できます。資産センサーや気象などのその他のソースからのデータを資産記録と作業履歴に結合してから、分析を適用して資産の正常性のスコアを計算します。これらのスコアは、条件に基づく保守モデルへの移行に役立ち、保守業務における無駄な労力を減らします。

サービス管理

実装した単一インスタンスで複数のお客様を管理して、正確な請求をもたらし、サービス提供の効率を向上させます。

作業管理

作業指示書の管理を向上させ、計画、スケジュール、ルーティング、作業完了を簡素化します。優先順位、リソース、資産に基づいて作業を編成します。

契約管理

購入、リース、レンタル、保証、料金、主契約、一括契約、ユーザー定義の契約に関する包括的な契約管理サポートにより、ベンダー契約を管理します。

高度なスケジュール

Maximo Scheduler Plusは、Maximo Schedulerを土台に構築された先進的な作業管理ソリューションです。企業は、ほぼリアルタイムの気象データと資産データを強力な分析に結合することによって洞察と意思決定を向上させることで、保守とサービスのスケジュールの手法を最適化できます。スケジュール担当者と計画担当者は、複雑なプロジェクトを管理するための適切なツールも得られます。視覚化された画面には、クリティカル・パスが強調表示され、時刻と完了率に基づく動作の進行状況が表示されます。

すべてのモバイル端末からアクセス

Maximo Anywhereは、Maximo Asset Managementプロセスへのリモート・アクセスを提供し、モバイル端末を介してすべての作業と資産の制御を強化します。このソリューションにより、モバイルの作業者は、iOS、Android、Microsoft Windowsのオペレーティング・システムを使用して、作業の完了までの時間を短縮し、非生産的な行動、書類仕事、データ入力の作業を減らすことができます。

お客様導入事例

  • ケース・スタディーイメージ

    IoT情報などビッグデータの活用で保守事業を変革

    IHI物流産業システム
    導入事例を読む
  • ケース・スタディーイメージ

    統合型公共施設データベースをIBM Maximoベースで開発。地方公共団体向けにクラウド・サービスで提供

    オリエンタルコンサルタンツ
    導入事例を読む
  • Watson IoTを使ったデジタル化で高品質輸送サービス発進

    フランス国鉄(SNCF)

技術的詳細

ソフトウェア要件

サポートされるブラウザー: Microsoft Internet Explorer 7、8、9、10、Mozilla Firefox 3.6、4、10、17、24。ライブ・デモにはIE 10またはFirefox 24が必要です。

    ハードウェア要件

    サポートされるWebブラウザーのいずれかが稼働するワークステーションが必要です。

      仕組みを見る

      購入・お問い合わせ