スポットライト

クラウドによる俊敏性の向上

IBM Cloud Managed Services on z Systemsは、ITの効率性、経済性、俊敏性を向上させる、高可用性かつ安全性の高いMainframe as a Serviceプラットフォームを提供します。これらのサービスは、継続的に最新のハードウェアとソフトウェアで更新され、IBMのグローバルなメインフレーム専門家チームによって管理される柔軟な環境の中で機能します。

拡張性を向上させ、最新テクノロジーを利用可能

これらのサービスは、拡張性に優れたマルチテナント・インフラストラクチャーへのアクセスを提供するクラウド・デリバリー・モデルの中で機能します。お客様は、IBM z/OS®またはLinux1のオペレーティング・システムを使用するか、柔軟性を向上させるために標準化されたソフトウェア・スタックの最新バージョンを使用するかを選択できます。IBMは、独立系ソフトウェア・ベンダー(ISV)やその他のIBMソフトウェアもサポートしています。お客様のニーズに合わせて計算、ストレージ、テープの容量をすべて拡張できます。

Mainframe as a Serviceとマネージド・サービスによってコストを削減

IBM Mainframe as a Service環境は、ハードウェア、床スペース、電力、冷却に必要なコストなどの資本支出を削減するために役立ちます。また、お客様のソフトウェア・ポートフォリオを合理化して、コスト管理に役立つ月ごとの請求により、より予測可能性の高い使用量に基づく料金設定モデルを提供します。これらの完全管理型のサービスは、世界中の6,500人を超えるメインフレーム専門家の経験を生かして、エンドツーエンドの管理と監視機能を提供するよう設計されています。

成熟したサービス設計によってセキュリティーを強化

IBM z Systemsメインフレームは、回復力と安全性に優れた世界中のIBMデータセンターに配置されています。IBMの論理区画ベースのモデルは、Evaluation Assurance Level 5(EAL5)で認定されたシステムで先進の安全性を提供するよう設計されています。IBMは、お客様と協力して、コンプライアンスに関するお客様の固有のニーズをサポートするために、正確なセキュリティー・プロセス、システム、ネットワーク、ツールを適用します。

お客様導入事例

  • ケース・スタディーイメージ

    Shin Kong Wu Ho-Su Memorial Hospital

    Shin Kong Hospital migrated to the IBM® Cloud Managed Services® on z Systems® solution, gaining an immediate improvement in operating efficiency and the ability to increase usage as necessary to better support daily hospital operations
    導入事例を読む