スポットライト

モデル作成の簡素化

使いやすいウィザードを備えたビジュアル・モデル・ビルダーや統合されたノートブックを使用して、モデルを構築して導入することができます。データの開発者や科学者は、プロセスの複雑性ではなく、モデルの品質に集中できるようになります。

簡単なモデルの導入

モデルは、作成された後、フレームワーク内に即時に導入できます。APIの詳細で提供されるRESTful APIにより、アプリケーション開発者は簡単に行動モデルをコードに取り込むことができます。

簡単なモデルの管理

ダッシュボードに企業内のすべてのモデルのヘルス・チェックが表示されるため、モデル全体の性能に対する洞察と再トレーニングが必要なモデルを素早く確認できます。

モデルの精度の維持

データの科学者やエンジニアは、新規データに対する連続的な再評価をスケジュールして、時間経過に伴うモデルの精度を監視し、性能が低下した場合にアラートを受け取ることができます。

技術的詳細

ソフトウェア要件

必須のインストール要件: z/OSコンポーネントには、 IBM z/OS V2.1以降が必要です。 Linuxコンポーネントには、 Red Hat V7.2以降、 Dockerクラスター・マネージャーとしてのDocker、 Kubernetesバージョン1.4.5以降が必要です。

    ハードウェア要件

    必須のコンポーネントには、IBM z/OS V2.1(5650-ZOS)以降を実行している以下のIBM z Systemsサーバーが含まれます。お客様は、作動するLPARに4個以上のzIIPプロセッサー、1個の汎用プロセッサー、100GB以上のメモリーを割り振る必要があります。 Linuxコンポーネントには、x86のハードウェアおよび仮想環境が必要です。

    • IBM z13
    • zEnterprise EC12