スポットライト

テープ・カートリッジの可搬性

リモートでのオフライン・データ・ストレージを容易にして、自然や人為的な脅威からの優れた保護を実現します。データの損失や破損のリスクを軽減することもできます。

IBM Spectrum Archiveのサポート

ディレクトリー・ツリー構造とドラッグ・アンド・ドロップ方式を使用したデータ・ファイルの検索と取得が可能です。このソリューションは、データのアクセスと取得を大幅に向上させるほか、テープからデータを取得するためのソフトウェアのライセンス・コストと依存関係を軽減できる可能性があります。

Linear Tape-Open Ultrium 7規格を順守

LTO Ultrium 7ベンダーのテープ・ドライブと自動化の製品との互換性を確保します。このソリューションは、オープン・スタンダード・ベースのテープ・テクノロジーを使用することにより、データ・ストレージへの投資リスクを軽減します。

カートリッジ・モデルとラベルのオプション

再書き込み可能モデルと再書き込み不可(Write Once Read Many: WORM)モデルのカートリッジから選択でき、カスタム、ブランク、RFID埋め込み型のカートリッジ・ラベルが用意されています。

技術的詳細

ソフトウェア要件

テープとカートリッジの特性:

  • テープ全体の厚み: 5.6 µ
  • テープの長さ: 960 m
  • カートリッジのサイズ(L x W x D): 102mm x 105mm x 21mm
  • データ・カートリッジの重量: 200g
  • クリーニング・カートリッジの重量: 115g
  • 安全性の特性: 毒性: 通常の使用環境では健康への影響はなし

ハードウェア要件

環境上の推奨事項:

  • 作動条件: 10°Cから45°C、相対湿度:10%から80% RH、最高湿球温度:26°C
  • 短期保管の条件: 16°Cから35°C、相対湿度:20%から80% RH、最高湿球温度:26°C
  • 長期保管の条件: 16°Cから25°C、相対湿度:20%から50% RH、最高湿球温度:26°C
  • 配送条件: -23°Cから49°C、相対湿度:20%から80% RH、最高湿球温度:26°C
  • カートリッジの廃棄: EPA法令40CFR261により無害廃棄物として分類
  • ハードウェア要件の詳細については以下をご覧ください。

技術仕様

一般的な特性とマシン・タイプ、モデル(部品番号):

  • メディア・タイプ: リニア・サーペンタイン記録方式の1/2インチ・カートリッジ
  • 最大15TB(2.5:1 圧縮時)、6TB(非圧縮時)
  • モデル: LTO Ultrium 7 6TB再書き込み可能モデル、WORMモデル(消去不可かつ再書き込み不可)
  • LTO Ultrium 7 Data Cartridge: 3589-651(製品番号38L7302)
  • LTO Ultrium 7 WORMカートリッジ: 3589-671(製品番号38L7303)
  • LTO Ultriumユニバーサル・クリーニング・カートリッジ: 3589-004(製品番号35L2086)