概要

IBM LTO Ultrium 7 Data Cartridgeは、前世代製品の2倍を超えるストレージ容量を提供して、迅速で信頼性の高いデータ・アクセスを維持し、ビジネスの回復力を確保することで、高い安全性を備えた長期のデータ保管を実現します。今日、データの急激な増加により、ストレージ容量の増加に対するニーズが高まっています。第7世代LTO Ultriumテープ・メディアは、最大15 TBの圧縮容量(非圧縮時: 6TB)を提供して、効率と性能を大幅に向上させます。この優れたストレージ容量の提供によってテープ・ベースのデータ・ストレージに必要となるカートリッジ数、ストレージ機器、設置スペース、作業量の削減に貢献します。
IBM LTO Ultrium 7 Data Cartridge

最適なデータの安全性を確保

テープ・カートリッジの可搬性により、リモートでのオフライン・データ・ストレージを容易にして、オンラインやオンサイトのデータ・ストレージに影響を及ぼす可能性がある自然や人為的な脅威からの優れた保護を実現します。

効率と性能を向上

最大15TBの圧縮容量 (非圧縮時: 6TB)を活用して、効率と性能を大幅に向上させるほか、カートリッジ、機器、スペース、作業の要件を軽減します。

データ・アクセスを向上

ユーザーやアプリケーションは、サード・パーティー・アプリケーションを使用することなく、テープから直接ファイルを取得できるため、データへのアクセスが向上し、ソフトウェアのライセンス・コストを軽減できる可能性があります。

主要な機能

  • テープ・カートリッジの可搬性
  • IBM Spectrum Archiveのサポート
  • Linear Tape-Open Ultrium 7規格を順守
  • カートリッジ・モデルとラベルのオプション