スポットライト

大容量テープ・カートリッジ

厳格な第5世代LTO Ultrium規格に合わせて構築されており、テスト済みです。

WORMの容量

参照データの安全な長期保存と、データ保存のコンプライアンス規制に関する支援により、データ保全性を維持します。LTOハードウェア暗号化は、Write Once Read Many(WORM)メディアを補完して、データ保全性を確保します。

区別しやすいカートリッジの色

標準カートリッジは赤紫色であるため、旧世代のIBM LTO Ultriumカートリッジと区別できます。WORMカートリッジのツートンカラーにより、WORMカートリッジを標準カートリッジと区別できます。

Linear Tape-Open規格を順守

広くサポートされているLinear Tape-Open(LTO) Ultriumの設計仕様を順守するよう設計されています。第5世代LTOテープ・テクノロジーを採用した製品でカートリッジを使用できるため、ストレージのニーズが増大したり、インフラストラクチャーが拡大したりした場合でも、LTO Ultrium 5データ・カートリッジは引き続き価値を提供できます。

環境に配慮

保管時に電力を必要とせずにデータの長期の保存とアーカイブを行えるよう設計されている、環境に優しいデータセンター向けの理想的なストレージにより、GB当たりのメディア・コストを削減できます。

メディア・パーティショニング機能

メディア・パーティショニング機能により、ファイル制御とスペース管理を向上させます。

デュアル・パーティション機能

新しいデュアル・パーティション機能により、時間符号化アプリケーションの性能を向上させ、IBMによる将来のテープにおける変革をサポートします。

厳格なテストと最適化

IBM LTOテープ・ドライブの性能と信頼性を最大限に高めて、日常的な用途の要求に対応します。

複数のカートリッジ・モデルとラベルのオプション

再書き込み可能とWrite Once Read Many(WORM)のカートリッジ・モデルのほか、カスタム、ブランク、RFID埋め込み型のカートリッジ・ラベルが用意されています。すべてのモデルがI/Tデータ暗号化規格をサポートしています。

技術的詳細

ソフトウェア要件

物理特性と磁気特性、環境上の推奨事項:

  • 基板: ポリエチレンナフタレート(PEN)
  • テープ全体の厚さ: 6.4マイクロメートル
  • テープの長さ: 846m
  • 作動条件: 10°Cから45°C、相対湿度: 10%から80% RH、最高湿球温度: 26°C
  • 短期保管の条件: 16°Cから35°C、相対湿度: 20%から80% RH、最高湿球温度: 26°C
  • 長期保管の条件: 16°Cから25°C、相対湿度: 20%から50% RH、最高湿球温度: 26°C

ハードウェア要件

物理寸法:

  • カートリッジの重量: 200g
  • データ・カートリッジのサイズ: 102.0mm(高さ) x 105.4mm(幅) x 21.5mm(奥行き)
  • クリーニング・カートリッジの重量: 115g
  • 安全上の特性:
  • 毒性:通常の使用環境では健康への影響はなし
  • 燃焼性: 自己消火(UL94規格)

技術仕様

  • 特性: リニア・サーペンタイン記録方式の1/2インチ・カートリッジ
  • メディア・タイプ: メタル塗布(MP)
  • カートリッジの物理容量: 1.5TB(ネイティブ)、3.0TB(2:1圧縮時)
  • 再書き込み可能カートリッジ: LTO Ultrium再書き込み可能データ・カートリッジ(1500/3TB)
  • WORMカートリッジ: LTO Ultrium WORMカートリッジ(1500/3TB)
  • 限定保証: 製品の耐用年数にわたる、製造上および材料の瑕疵に対する限定保証