ハイブリッド・クラウド・インフラストラクチャーにおける基幹業務アプリケーションの保護

現代のワークロードは、データ保護と可用性を損なうことのないイノベーションを求めています。安全で柔軟性と弾力性の高いIBM LinuxONE III™を使用すれば、Kubernetesとコンテナーの導入により、両者の長所を生かした企業レベルのクラウド・ネイティブ・アプリケーション開発サポートを得られます。

確実に配信

最大のアップタイムと経済性で不安をなくします。高速データ圧縮に必要なストレージとネットワーキング帯域幅は15分の1であり、コスト削減が実現します。

未来を保護

新しいData Privacy Passportsにより、ハイブリッド・クラウド全体にデータ・プライバシーを拡張します。データがどこにあっても、保存中および処理中のデータを100%保護し、SLAに影響を与えません。

柔軟性を備えた構築

コンテナー、Kubernetes、Red Hat OpenShift、IBM Cloud Paksを使用して、新しいクラウド・ネイティブ・アプリケーションをより迅速に構築、導入、管理できます。

LinuxONE IIIによりハイブリッド・クラウドで基幹業務に対応

  • 最大のアップタイムで自信を持ってビジネスを実行
  • 最高のセキュリティーとデータ・プライバシーの活用
  • ハイブリッド・クラウド全体にわたる柔軟性を備えた構築
  • ビジネスの成長に容易に対応
  • データおよびハイブリッド・クラウド・プラットフォームの保護
  • ブロックチェーン・サーバーから最適なパフォーマンスを獲得

製品イメージ

LinuxONE III
LinuxONE III
LinuxONE III - フレーム1台
LinuxONE III - フレーム1台
LinuxONE III - フレーム2台
LinuxONE III - フレーム2台
LinuxONE III - フレーム3台
LinuxONE III - フレーム3台
LinuxONE III - フレーム4台
LinuxONE III - フレーム4台
LinuxONE III - フレーム4台で1台は空き
LinuxONE III - フレーム4台で1台は空き

仕組みを見る

購入・お問い合わせ