概要

IBM WebSphere Application Serverは、オンプレミス、パブリック・クラウド、プライベート・クラウド、ハイブリッド・クラウドのいずれの環境でも利用できる、柔軟で安全なJava EE 7の認定を受けたランタイムを提供します。コストを削減し、アプリケーションへの投資から新たな価値を引き出し、市場投入までの時間の短縮に役立ちます。新規アプリケーションの作成、または既存のオンプレミスのアプリケーションをクラウドに移行する際の総所有コスト(TCO)の見積もりについての詳細は、以下のTCO試算ツールを使用してください。
IBM WebSphere Application Server

コスト最適化

クラウドとコンテナー・サービスでアプリケーションを柔軟に導入して管理するハイブリッド機能により、コストを削減します。

Javaアプリケーションをクラウドに接続

IBM Watson、IBM Cloudant、IBM dashDBなどのアプリケーション・プログラム・インターフェース(API)のライフサイクル管理とクラウドのサービスにより、新たな価値を引き出します。

アプリケーションとマイクロサービスの作成

JavaとNode.jsのアプリケーションやAPIに対応した単一の管理コンソールを備えた、軽量で構成可能なランタイムにより、クラウド基盤とWebベースのアプリケーションやマイクロサービスを迅速に展開します。

クラウド上で利用可能

IBM WebSphere Application Server on Cloudによりクラウド上の実行環境を利用するか、IBM WebSphere Application Server Family Editionの柔軟なライセンス交付オプションを利用します。

主要な機能

  • IBM WebSphere Liberty Core
  • IBM WebSphere Application Server
  • IBM WebSphere Application Server Network Deployment
  • IBM WebSphere Application Server z/OS
  • 柔軟なライセンス交付オプションと価格設定オプション
  • Websphere Connectによる円滑な統合

クラウド上のセキュリティーとプライバシー

  • IBMは、企業がIBMのクラウド・オファリングを使用するにあたり、セキュリティー、プライバシー、リスクのレベルを損なわずに、変化するビジネス・ニーズに合わせて迅速に適応できるよう努めます。

    IBMクラウド・セキュリティーの詳細を見る

お客様のニーズに最適なプランをご提案

  • WebSphere Application Server Liberty Core


    Webベースとクラウド・ベースのアプリケーションの迅速な開発とデプロイメントに適した軽量の本番環境ランタイム。

  • WebSphere Application Server


    企業向けアプリケーション用の柔軟で安全なJavaサーバー・ランタイム環境で、高度な性能、冗長性、プログラミング・モデルを提供します。

  • WebSphere Application Server Network Deployment


    大規模な基幹業務アプリケーション・デプロイメント向けのランタイム環境で、連続的な可用性とインテリジェントな管理機能を提供します。

  • WebSphere Application Server Family Edition


    企業向けに3つの製品を1つにバンドル。複数のビジネス・モデルとプラットフォームがサポートされるため、ニーズの変化に応じて組み合わせを調整できます。

  • 柔軟な価格設定オプション


    WebSphere Application Serverには、長期デプロイメント用の永久PVUオプションなどの、多数のWebSphereのお客様実装環境に対応する広範な価格オプションが用意されています

IBM Cloud Pakとして使用可能

簡単に導入できる統合済みの企業クラスのコンテナー・ソフトウェア

詳細を表示