概要

情報技術の急速な拡大により、価値創出の方法が変化しています。IT による自動化と洞察を利用するユーザーとインフラストラクチャーの増大に伴い、マルチベンダー、マルチオペレーティング・システムの環境の管理業務が極めて複雑化しています。IBM Control Desk は、ユーザーとインフラストラクチャーのサポートを簡素化するために必要な IT サービス・マネジメント (ITSM) を提供します。使いやすいセルフサービス、自動サービス管理、シームレスに統合されたベスト・プラクティス・ベースのサービス・デスク機能により、コストを削減して満足度を高めます。

ヘルプデスクコールの削減

エンドユーザーはサービス・カタログとエンタープライズ・アプリケーション・ストアで利用可能なサービスを選択し、IT 部門の支援なしに承認済みソフトウェアをデバイスに導入できます

1 コール解決率の向上

IT 担当者は、ベストプラクティスに基づくプロセス自動化機能、統合された知識と問題管理、資産、構成、変更情報に対する可視性のメリットを得られます。

障害の削減

約 80% の組織で、高度な分析と自動変更手順を用いてビジネスリスクを低減し、既存のインフラストラクチャーの保全性を確保することができます。

主要な機能

  • セルフサービスによってユーザーを支援
  • IT と運用の資産の管理
  • ソフトウェア・アプリ・ストアの作成
  • 変更の影響の分析
  • セルフ・サービス、サービス・カタログ
  • ソフトウェア資産の管理
  • 変更の管理
  • 問題の管理

クラウド上のセキュリティーとプライバシー

  • IBMは、企業がIBMのクラウド・オファリングを使用するにあたり、セキュリティー、プライバシー、リスクのレベルを損なわずに、変化するビジネス・ニーズに合わせて迅速に適応できるよう努めます。

    IBMクラウド・セキュリティーの詳細を見る

購入・お問い合わせ