概要

IT 環境におけるネガティブな傾向や異常挙動に対する洞察を得ることで、容易に事前対策を実行し、深刻な状況を回避することができます。 IBM Operations Analytics では、詳細なダッシュボードを使用して、数テラバイトの運用データから潜在的なボトルネックや問題の領域を特定し、サービス影響をもたらすリスクに素早く対応します。

運用コストの削減

IBM Operations Analytics の継続的な学習機能は、IT環境の状態を学習し、システム・リソースやアプリケーションのパフォーマンスに対して最適なしきい値を自動的に設定します。

平均修復時間を改善

数テラバイトの構造化データと非構造化データを高速検索します。Expert Advice を利用して、問題診断を迅速化できます。問題照会のサイクル・タイムを 98% 短縮できます。

サービス停止を回避

IT環境の異常挙動を検知することにより、サービスが中断される前に、運用上で発生している問題をプロアクティブに通知します。

運用効率を向上

高度なチケット分析により、IT 運用効率を最大 90% 高めます。問題発生のホット・スポットに対する洞察を提供し、チケットのトリアージ(重症度を判定)に関する意思決定を支援します。

クラウド上のセキュリティーとプライバシー

  • IBMは、企業がIBMのクラウド・オファリングを使用するにあたり、セキュリティー、プライバシー、リスクのレベルを損なわずに、変化するビジネス・ニーズに合わせて迅速に適応できるよう努めます。

    IBMクラウド・セキュリティーの詳細を見る

IBM Cloudで利用可能

この製品は、アプリケーションの作成、実装、管理を素早く簡単にオープン・ソース環境のIBM Cloudで実施できます。

詳細を表示

購入・お問い合わせ