概要

IBM® Maximo Worker Insightsは、法令の順守を安全対策の前提として、作業環境に潜む危険の識別と排除を容易にします。生体センサー、環境センサーなどの「モノのインターネット(Internet of Things。以後、IoTと記述)」のデータをリアルタイムに収集・蓄積する機能と、アルゴリズムに基づいた分析処理機能を組み合わせて活用することで、リアルタイムの洞察を導きます。IBM Maximo Worker Insightsは、作業している従業員自身が考え、情報を共有し、必要な行動を起こすことに役立ちます。作業管理者または安全担当者は、IBM Maximo Worker Insightsが提供する予測情報をもとに、問題が発生する前に対策を講じることが可能となります。
IBM Maximo Worker Insights

迅速かつ大量に洞察を提供

多種多様な情報源(センサー・デバイス、ウェアラブル・デバイス、既存システム、気候情報など)に接続して、データの収集、蓄積、集計、分析といった処理を速やかに実行します。

予測に基づく保護

安全に関するガイドラインを学習を通じて継続的に更新し、法令順守のレベルを向上しています。

迅速な価値実現

インテリジェントな洞察、指定の安全エリアでの意思決定、事故防止のためのビルディング・ブロックとして、事前構築された安全シールドが組み込まれています。

主要な機能

  • リスクを最小化、安全ポリシーに準拠
  • ウェアラブル・デバイス、センサー・デバイスからデータを収集
  • 過酷な条件下の従業員を保護
  • IBM Watson IoTのコグニティブ機能を活用

クラウド上のセキュリティーとプライバシー

IBMのクラウド・オファリングを使用すると、お客様はセキュリティー、プライバシー、リスクのレベルを損なわずに、変化するビジネス・ニーズに迅速に適応できます。 IBMクラウド・セキュリティーの詳細を見る

このオファリングは、お客様が選択したエディションごとに以下の業界標準とグローバル・コンプライアンス標準を満たしています。

  • EU-US Privacy Shield and Swiss-US Privacy Shield Framework
  • ISO 27001
  • ISO 27017
  • ISO 27018

個別のオファリングのエディションのコンプライアンスと認定状況については、クラウド・サービスのデータ・セキュリティーとデータ・プライバシーに関するデータ・シートをご参照ください。

仕組みを見る

購入・お問い合わせ