概要

IBM IoT for Automotiveは、IoTとコグニティブ・システムの能力を接続された自動車に拡張して、センサーやシステムからデータを取得し、車内での体験を向上させます。今日の自動車は、車両に関する情報を収集して、ほぼリアルタイムでアクセスする車載センサーやコンピューターによって、データセンターを動かしています。IBM IoT for Automotiveは、接続された自動車からのビッグデータの取得、管理、分析に使用できるクラウド・サービスです。

危険な行動の識別

ドライバーの実際の運転パターンを発見して、危険な習慣や違反行為を識別します。

ほぼリアルタイムでの道路状況の取得

交通量や天候などのほぼリアルタイムの状況を考慮に入れた、動的な最短経路の探索によって、ドライバーを支援します。

接続サービスの実現

車両の位置、動き、正常性に関する情報を取得します。 地図情報、ドライバーの行動、分析による洞察のデータを使用して、運転経験を向上させます。

製品品質の向上

自動車のメーカーとサプライヤーは、製造を最適化して、道路上の安全性と車両の誤動作を診断できます。

主要な機能

  • 高性能な分析プラットフォーム
  • 地図情報およびその他
  • IoTデバイスからのデータ収集
  • 地理情報マップ・ベースのサービス

クラウド上のセキュリティーとプライバシー

  • IBMは、企業がIBMのクラウド・オファリングを使用するにあたり、セキュリティー、プライバシー、リスクのレベルを損なわずに、変化するビジネス・ニーズに合わせて迅速に適応できるよう努めます。

    IBMクラウド・セキュリティーの詳細を見る

仕組みを見る

購入・お問い合わせ